ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【短い距離で誘えるバックスライド系ワーム】松下雅幸プロデュース!デプスの「REVERSE CRAW(リバースクロー)」をご紹介!

カバーゲームが面白い時期に突入!

そんな真夏のカバーゲームに、ついつい投入したくなるのがバックスライド系ワームですよね!

そこで、今回ご紹介させていただくのは、デプスからリリースされているバックスライド系ワーム。

 

REVERSE CRAW(リバースクロー)【デプス】

それがこちら、「REVERSE CRAW(リバースクロー)

サイズ/数量 推奨フック カラー 本体価格
4.3inch (5/pac) オフセットフック#5/0 12色 ¥800(税抜)

デプス公式「REVERSE CRAW(リバースクロー)」詳細ページはこちら

 

特長

REVERSE CRAW(リバースクロー)」は、まっつんこと松下雅幸さんプロデュースのバックスライド系ワーム。

 

最大の特長はピンスポットをリアクションを織り交ぜながら、ネチっこく攻めることができるトコロ。

バックスライドフォールで反応がなかったとしても、短い距離でフットボールジグのように、ロッドをシャクりながらアクションさせることで、フォールとダートアクションが融合して反射的にバスに口を使わせることができます。

特にザリガニやエビが生息するエリアなどでは、ダートアクションは必須メソッド。

落とすだけじゃ喰わなかったようなナーバスなバスに対しても効果的です。

 

リブが備わった大きな爪

短い距離でも大きくアピールしてバスを誘い出してくれるのが大きな2つの爪。

爪の先端にはリブが設けられているので、フォールの時に確実に水を掴み、艶めかしくアームを揺らしてバスにアピール。

 

無駄なパーツを極力排除された形状

バックスライドフォールやカバーのすり抜けの抵抗になってしまう無駄なパーツが排除されたシンプルなボディも特長の1つ。

ソルト含有率が25%という高比重マテリアルによって、自重は約12.7g。キャスタビリティが高く、対岸のカバーにもバックスライドを可能にしてくれ、オカッパリでも重宝するワームに仕上げられています。

また甲殻類成分も添加されていて、味と匂いでもバスを誘います。

 

フックセットが肝心

フックセットする場合は主に、オフセットフック(#5/0)がオススメ。「REVERSE CRAW(リバースクロー)」のボディは、片面はフラット、もう片面は丸みを帯びた形をしていますが、フラット面を下方にセットすることで、キレイなバックスライドフォールを演出してくれます。

出典:デプス公式「REVERSE CRAW(リバースクロー)」詳細ページ

 

また、複雑なカバーへはナローフックをセットすることで、カバーに干渉し難くなり、ストレスなく奥へと滑り込ますことができます。

(※フックメーカーにより個体差があるため、バックスライドアングルに影響しますので、状況に合わせセレクトしてください。)

1 / 2
次へ