ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【オカッパリ×スタッガーワイド】モリケンこと「森田健太郎」のワイド基礎編&応用編

寄稿:森田 健太郎

皆さんこんにちは!こんばんは!

ハイドアップスタッフのモリケンこと森田 健太郎です。

さて、バスフィッシングをする上で最も重要になる「エサ(ベイト)」について考えたことってありますか。

僕は大好きなワーム「スタッガーオリジナル」「スタッガーワイド」を使う上で、大きく2つに分けて考えています。

まず、小魚類(オイカワ、ハス、ボラ、ウグイ、モロコ)等々細身のベイト…こちらは「スタッガーオリジナル」がマッチ。

一方、太身のベイト(ブルーギル、フナ、カエル、ザリガニ)等々の平たくボリュームがあるベイト…こちらには「スタッガーワイド」がマッチ。

今回は、その太身のベイトを食う個体に絶大な効果を発揮する「スタッガーワイド」の釣りにフォーカスして書いていきますね!!

森田 健太郎(Kentaro Morita) プロフィール

HIDEUPフィールドテスター、VARIVASフィールドテスター。愛知県名古屋市在住の若手アングラー。バスはもちろんのこと、エリアトラウトやソルトウォーターもハイレベルにこなす。

 

スタッガーワイドの釣り

まず、ワイドの釣りをする上で最も基本となるのが…シングルテールの4インチ!

ハイドアップ公式「スタッガーワイド4インチ」詳細ページはこちら

1番デカいバスが狙えるサイズであり、また爆発力があるのもこのシングルテールの4インチ!

今年の春には、地元河川で59センチとほぼ60クラスをキャッチしたのもこのスタッガーワイド4インチ。

ビッグバスを呼び寄せる確率はハイドアップのワームの中でもトップクラスに有ります。因みに、この時はスライドスコーンジグ7gに付けて使用。

結構ボリュームのあるサイズ感なんですが、よく泳いでいるブルーギルやフナ。そしてトノサマカエルやウシガエルなんかも丁度この4インチぐらいのサイズが多いんです。

人間的にはデカいと思うサイズ感ですが、バスからすれば実際によく目にして、そしてよく食べているサイズ感!人間で言うところのライス大盛りでっ!ぐらいな感じなのかもしれませんww

 

その証拠にこのサイズなんかも結構食ってくる事があります。

ビッグベイトの様なデカバス専用という訳ではなく、マッチザベイトという気軽な気持ちで投げていただければと思います。

1 / 3
次へ