ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ダイワ・ソルティガSJに自重100g以下の「ライトスロージギング」用ロッドが新たに追加

ジギング特集

出典:ダイワ

ダイワのスロージギング用ロッド、「ソルティガSJ」

粘りと感度、相反する要素を兼ね備えたロッドとして広く知られています。

清水一成さんによる昨年公開の動画はコチラ

ソルティガSJといえば軽さが話題になりましたが、今回追加されたSJ61B-0SJ61B-1はその中でも最軽量のロッド。

というのも、より軽量なジグでよりライトなスロージギング用に専用設計された機種なのです。

今回はそんなソルティガSJ SJ61B-0SJ61B-1についてご紹介していきます!

関連記事

ダイワ・ソルティガSJ登場。軽快な跳ね上げアクション可能なスロジギロッド

ダイワ・清水一成の曲げて獲るスロージギング。最高の相棒ソルティガSJを解説

その軽さは100g以下!

出典:ダイワ

このソルティガSJ SJ61B-0とSJ61B-1はなんと重さが98g

そう、100g以下のなのです。

もちろん、これまでのソルティガSJと同様の軽快な跳ね上げアクションも健在!

高反発かつ高感度のHVFナノプラスを採用しているので、粘りや強度も十分備わり、肉厚さをそぎ落とした仕上がりになっています。

HVFナノプラスについて!

レジンの量を減らして代わりにカーボン繊維の密度を高めた「高密度HVFカーボン」は粘りや強度を重視したロッドに最適な素材となっており、東レ(株)ナノアロイ®テクノロジーをダイワ独自の製法で組み合わせることでさらなる高強度化・軽量化を可能とした。

出典:ダイワ

ソルティガSJのスペックなど詳細はこちら

ソルティガSJ SJ61B-0

出典:ダイワ

品名 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
ジグ・ルアー重量
(g)
ライン
PE(号)
カーボン
含有率
(%)
メーカー希望
本体価格(円)
SJ61B-0 1.85 1 185 98 1.7/8.4 60~100 0.4~1.0 90 51,000

SJ61B-0は60~100gクラスの軽量ジグでのスロージギング用に設計されたモデルです。

ターゲットは小型魚~中型魚までマルチに対応可能。

これまでのソルティガSJシリーズと同様にX45コブラシールドを採用しているので、パワー・操作性・感度は抜群です。

ロッド自体はしなやかな調子ですが、フォール時のアタリへの感度と、ジグを確実に横に向けられるティップの反発を持ち合わせています。

魚種の多い水深30~80mあたりで狙うスーパーライト系のスロージギングロッドになっています。

ソルティガSJ SJ61B-1

出典:ダイワ

品名 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
ジグ・ルアー重量
(g)
ライン
PE(号)
カーボン
含有率
(%)
メーカー希望
本体価格(円)
SJ61B-1 1.85 1 185 98 1.7/8.4 90~150 0.6~1.5 93 51,500

90~150gクラスのやや軽量ジグで水深80~150m前後を攻略するためのモデルです。

このSJ61B-1のポイントはロッドアクション!

操作性に優れ、通常のスロージギングはもちろん、ワンビッチジャークなど変則的ジャークで狙うスタイルにも対応可能。

それにより狙える魚種も多く、なかなか口を使わない根魚やマダイ、タチウオ、小型青物などを食わせるテクニカルなロッドになっています。

最軽量!ライトなスロージギングロッド

今回紹介したSJ61B-0とSJ61B-1はスロージギングロッドのなかでもかなり軽い仕上がりになっています。

軽い力でジグがスっと跳ね上がるアクション性能とパワー・操作性・感度も兼ね備えています。

軽量なジグで小型~中型の魚種をマルチに狙えるので、ぜひチェックしてみてください。

ダイワ(DAIWA)

1958年の創業、リール、ロッド、ルアー、用品などあらゆる釣り物のフィッシングタックルを扱う総合ブランドとして、国内、海外に多くのファンを抱えている。ジャパンクオリティの品質の高いアイテムを日々開発、その過程で、世界初となるテクノロジーも数多く輩出している!