ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

クオリティ高っ!SW新アシストフックシリーズ・VARIVASアバニ オーシャンワークスを紹介

ソルトウォーターゲームで不動の人気を誇るのが青物やをはじめとするジギング。

ショア、オフショア、ライトなタイプからビッグワンを狙って獲るスタイルまで、ターゲットによってタックルや狙い方などは様々。

ただ、掛けたターゲットはどうしても手にしたい、その思いはどんなサイズの魚を狙おうが同じですよね。

このジギングにおいて、メタルジグの性能ももちろん大切なんですが、注目してほしいのが、アシストフックの存在。

アシストフックと一言でいっても形状もサイズも多種多様。フックは魚との接点。信頼できる物を使いたいですよね。

そこで!モーリスから新しいアシストフックシリーズが登場、話題を集めているので、一挙にご紹介したいと思います。

真のクオリティーを纏った新アシストフックシリーズ「Avani OCEAN WORKS」誕生!

出典:モーリス

 

一番の特長は「ゼロフリクションコート」。それって一体なんなのでしょうか?

■ゼロフリクションコート
フックが持っている潜在的性能を引き出すのに必須課題であった「フック表面の低摩擦化」。摩擦係数と貫通力はニアイコールであり、素材・形状・ハリ先などの複合要素によって決定付けられたフック特性を引き出すも殺すも、全てそこにかかっていると言っても過言ではないでしょう。ゼロフリクションコートはフック表面にフッ素系特殊加工を施すことで、フッキング時の摩擦係数を限りなくゼロに近づけることに成功。ハリ先がターゲットに触れた瞬間から、フックアップ、ホールドに至るまで、全てにおいてフック性能を引き上げる低摩擦特性を獲得しました。「Avani OCEAN WORKS」の真価は、一度お使いいただくだけで存分に体感していただけるでしょう。

出典:モーリス

 

最近話題のフッ素系加工。フッキング時の摩擦係数を極めてゼロに近づけ、小さな力でも深く刺さり込み、魚がバレにくい。このアバニ オーシャンワークスシリーズのアシストフックには、モーリスさん独自のコーティングを採用されています。

また、素材や針先、形状、アシストリーダーにもとことんこだわった仕様。

アイテムラインナップも超幅広く、ショアジギング用からオフショアのライトジギング、近海ジギングやブリ、ヒラマサなどの大物対応などなど。アシストリーダーやリング系も同時にリリースとなっています。

[VARIVAS]アバニ オーシャンワークス ツインアシスト ライトジグ[ゼロフリクション]

貫通性能を追求したロングテーパーのハリ先とフック表面に“ゼロフリクションコート”を採用。ハリ先を内側に向かせた独特な形状から構成されたベンド、さらに軽量ファインワイヤーでフッキング・吸い込み率が格段に向上。アシストリーダーには、一般的なPEに比べ約2倍の耐摩耗性と耐久性を持ち、紫外線劣化ゼロの「VARIVAS アシストリーダー SMP」を採用。芯にフロロカーボンを挿入することで、理想的な張りとしなやかさを実現し、ジグへの絡みを激減。さらに、ゼロフリクションとの相乗効果でフッキング率もアップ。4種類のリーダー長で、スローピッチやロングフォール、根魚・鯛・ヒラメ・青物とさまざまな釣法・ターゲットに対応します。

出典:モーリス

出典:モーリス

 

汎用性の高いモデル。タイプも1.5cm、2cm、2.5cm、3cmと4タイプ、フックサイズは#1/0と#2/0の2サイズ。

2本入りで価格は#1/0が700円、#2/0が750円(税別)。

1 / 3
次へ