ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【夏バス攻略で参考に】O.S.Pの「北田朋也」さんに夏のバス釣りで活躍するルアーやアイテムなど!色々聞いてみました

いよいよセミが鳴きだして、まもなく夏本番!

夏バス攻略が面白くなってくる時期ですね。記者も毎年、夏バスを攻略するため色々策を練ってみるのですが、上手くいく時もあれば上手くいかない時もあります。

釣れない時は、上手い人って何を使っているんだろう? など思ったり…。そこで今回! 霞水系や利根川水系などをメインに活躍中のO.S.Pプロスタッフの北田 朋也さんに夏バスに関するあれこれを聞いてきましたよ!

北田 朋也(Tomoya Kitada) プロフィール

2003年NBC陸釣りクラブ利根川戦優勝。2015年チャプター茨城ボート部年間3位。2016年チャプター茨城ボート部年間4位。また釣具店主催の大会でも数多くの優勝経験を誇る。幼い頃より地元の水郷エリアを中心にバスフィッシングを続けており、ロコならではのコアな情報や「霞水系」「利根川水系」の楽しさを発信中!

 

夏バス攻略で欠かすことができないワームとは?

夏はやはりカバーにタイトに着くことが多いので、「ドライブショット」【O.S.P】のノーシンカーリグやバックスライドセッティングが手放せないですね。

水性植物などのブッシュやカバーだけでなく、水門の奥やコンクリート護岸、ドッグなどのエグレでもバックスライドが活躍してくれるのでオススメです。

O.S.P公式「ドライブショット」詳細ページはこちら

 

夏に絶対使うプラグは?

ポッパーの「ラウダー60」【O.S.P】ですね。カップが深いので、表層だけでなく水深のある縦ストやブレイクなどの場所からも、バスを惹きつける力を秘めているのでとてもオススメです。

夏の朝や、夕マズメのフィーディング時は例年スタメンです。

O.S.P公式「ラウダー60」詳細ページはこちら

 

 

陸っぱりで1本ロッドを持っていくなら?

68〜610MHのベイトキャスティングロッドですね。

霞ヶ浦水系では複合したストラクチャーが多く点在していて、水質もマッディーウォーターなのでスタックやスレを気にせずやりとりできる少し強めのロッドがセオリーになってきます。

またメインルアーがトップウォーターやバックスライド、フリーリグなどを多用する事が多い為でもあります。

 

多用しているリールは?

普段使っているのは、「20メタニウム」【シマノ】です。

以前からとても使い易く気に入っていた機種でしたが、ギアの摩耗が今までネックでしたが、それが改善されたので、使い倒してみたいと思っております。

シマノ公式「20メタニウム」詳細ページはこちら

 

利用すれば大きな武器になるアプリは?

Windyを良く使っていますね。その場所の天候、風からタイダルまでわかるので重宝しております。

 

夏に必須の猛暑対策

夏は毎年猛暑が続きますが、そのような時に活躍してくれるのが「O.S.Pフェイスカバー」です。

日に焼けると体力や集中力が低下したり、熱中症になる恐れがあります。特に顔は水面からの反射光を強く受けるので、それを防げるのはアングラーにはとても重要なアイテムだと思います。

O.S.P公式「O.S.Pフェイスカバー」詳細ページはこちら

 

増々、面白くなる夏バス攻略に是非! 参考にしてみてくださいね!

 

関連記事もぜひチェック!

【時間によって効果的なルアーが違う】陸っぱりで夏バスを攻略!O.S.Pルアーを用いた「時間帯別ルアーローテ法」について詳しくご紹介!

O.S.P(オー・エス・ピー)

2000年6月設立。日本のみならず世界で活躍した並木敏成が代表として自身の経験を活かし、「10 Years Standard(10年基準)」をコンセプトにモノ作りを行う。日々生み出されるルアーは定番となり、多くのバスアングラーから熱く支持されている。