ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

河辺裕和・富村善之に聞いた「夏の釣り」の楽しみ方

先日、琵琶湖で行った実釣取材。

「厳しい琵琶湖をいかに攻略するか」…というテーマで、ゲーリーインタナショナル総帥“河辺裕和”さんと“富村善之”さんにいろいろお話を伺ってきたんです。

 

その時の様子はこちらから

【定番からプロトまで】ゲーリー河辺裕和&富村善之の夏といえばコレ!「トップウォーター」ローテーション術

【定番には定番になる理由がある】ゲーリー河辺裕和・富村善之の夏にオススメ「ワームアプローチ」

ゲーリーインターナショナル「河辺 裕和」セレクト!今”あえて”推したいゲーリーワーム3選

 

で、せっかくの機会だし…ということで!

お2人に、いろいろ気になることを聞いてみました。

 

夏にこれ!旬なオススメワーム

富村善之のオススメワーム

ズバリ「サンショウウオ」!

夏は、縦ストが結構キーになるんですが「サンショウウオ」のノーシンカーか、ネイルシンカーを挿し込んだネイルリグがオススメです。

シンカーは深さによって2mまでのエリアはノーシンカー。2~4mまでは1.3gのネイルリグ、4m以上は1.8gを使用しています!

 

河辺裕和オススメワーム

夏だけじゃないけど「4インチヤマセンコー」がやっぱりオススメ。

理由はオフセットノーシンカー、ガード付きワッキー、ジグヘッドワッキー、ネコリグ、テキサスリグ…ととにかくいろんなリグで使えるから。

ワームを逆刺しして、0.3~0.4gのネイルシンカーを挿し込むとバックスライドセッティングもできるし、お試しあれ。

 

夏にコレ!旬なオススメプラグ

富村善之のオススメプラグ

オススメプラグは、取材の時もイイのが釣れたゲーリー「ジャンボバズベイト」。

 

夏の水面を意識したバスにはコレです。

シャローからディープ、ウィードや橋脚周りなど使う場所も選ばないので、必ずボックスに入ってます!

 

河辺裕和のオススメプラグ

僕もジャンボバズと言いたいトコロですが…被るので、「ジャンボグラブ」にします。

ベイトで投げれるし、水面をピロピローってグラビンバスで攻めたり、バズベイトよりもう少しナチュラルに攻められるイメージ。

プラグじゃないけど、プラグっぽい使い方ができるということで。

 

オカッパリならこの1本!オススメタックル

富村善之のオススメタックル

リールはZPIのアルカンセXSを使用しています。

ロッドはismの「インフィニットブレイド」。

1本と言われればすごく迷いますが…巻きモノメインならIBC-610M。撃ちモノ系ならIBC65MMH。

どちらもオカッパリで使いやすいレングス、使用ルアーも幅広いのでオススメですよ!

 

河辺裕和のオススメタックル

ロッドはオカッパリ専用機としてプロデュースしたBass Bum (バスバム)

ベイトが65Mと65MHの2機種、スピニングは69Lの1機種の計3本のラインナップ。

どれもオカッパリで使用することを視野に開発、バーサタイルに使用できるロッドなので、ご自身のスタイルに合わせて選んでもらえると良いと思います。

そして、今回の取材でも使用したんですが、マルチピースのロッドもテスト中。こちらもお楽しみに!

【Bass Bum (バスバム)】河辺裕和プロデュース! アブガルシアのオカッパリ専用バス釣りロッドを紹介

 

夏の暑さ対策はコレ

富村善之の暑さ対策

夏はジメジメ汗をかきやすいので、サラッとして速乾性のある「ドライTシャツ」が重宝します!

後、ズボンは海パンがめっちゃオススメです。

サラッとして涼しいのはもちろん、濡れたとき肌にくっつかないんです。これ、不安定なボートの上とかだと結構重要ですよ。

 

河辺裕和の暑さ対策

僕のオススメは濡らすと冷たくなる首に巻くやつ。

最近、失くしちゃったんだけど…あれはオススメです。日焼け止めにもなるし、首の動脈を冷やすと涼しくなるような。100均とかにもあった気がしますけど。

あと、この時期日焼け止めは必須です。サーフィンもやるので、環境に良いオーガニックのものを愛用しています。

 

照りつける太陽に、ぐんぐん上昇する気温。

夏の釣りはまだまだ始まったばかり!ぜひ参考にしてみてくださいね!