ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ヒロセマンのクロダイゲーム】ボトムズル引き!ブラックポーギー「ちぬキャンディ」のトリセツ大公開

チヌゲーム特集2020

ヒロセマンに直撃

2020年、メジャークラフトが贈るクロダイ(チヌ)・キビレゲームの新シリーズが「ブラックポーギー」

前回はブラックポーギーの第一弾ルアー2種「ちぬキャンディ」「ちぬブレード」をご紹介しました。

今回は、具体的にプラックポーギールアーを扱う上でのワンポイントなどを…

おなじみ、ヒロセマンこと広瀬達樹さんに色々と伺ってみました!

今回はボトムチニングにマストな「ちぬキャンディ」について!!

ちぬキャンディ&ファイティングクロー

コチラがちぬキャンディ。ボトムズル引きに適した根掛かり回避性能の高いルアーだ

まずはおさらい。

ボトムズル引き系ルアー「ちぬキャンディ」はファイティングクロー1.6インチと組み合わせるべし!

このあたりは前回記事で配信した通りで、ファインティングクローと組み合わせることでより生命感が増しアピールしてくれます。

ちぬキャンディ単体使用もありですが、さらなる釣果を求めるなら間違いなくファインティングクローをセッティングすべし!

【初公開!!】メジャークラフトのクロダイゲーム新シリーズ「ブラックポーギー」、第一弾ルアー「ちぬキャンディ」&「ちぬブレード」を全見せ!

ボトムズル引きで砂煙と音

使い方は簡単!投げてボトムから離れないように巻くだけです。

さて、そのボトムのズル引きによる第一のアピールは砂煙。

「何かがいるぞ」と思わせる砂煙で注意を引くことができます。

同時にシンカー部分が何かに当たる「音」も重要な要素で、ズル引きによる砂煙と音が魚を寄せてくれます。

石の上で砂煙と音を出すと10匹ほどの小魚(キビレの幼魚)がワラワラと出てきた(黄色囲み部分)

ファインティングクロー自体のアピール力もプラスされるわけで、幾重にもターゲットを誘う要素が含まれています。

根掛かりゼロってワケにはいかないクロダイ・キビレゲームですが、根掛かり回避性能も高い「ちぬキャンディ」は入門でも安心して使いやすいルアー。

つまり、ちぬキャンディはボトムをトレースしながら巻くだけでターゲットを強烈に誘ってくれるルアーなのです(ちなみにマゴチなどもよく釣れたり)!

ストップ万歳!

基本のズル引きはルアーが浮かないようにが大前提。その上でナイトならスロー、デイゲームなキモチ速いくらいのリトリーブがイイそうですよ!

そして、もうひとつファイティングクローを活かしたアプローチが「ポーズ」です。

ズルズルと巻いてきて、ストップ。もう一度ズルズル…。

こうすることにより、ファイティングクローの爪部分にある浮力が作用して、ファイティングクローが起き上がってバンザイします。

ズル引きで砂煙と音、そしてストップでファイティングクローが起き上がってバンザイ。これがかなり効果的。

実際、カニちゃんもそんな行動取っていました(笑)。

通常モード…

万歳モード

ヒロセマンはズルズルズル…でピタリと止める時間は2秒ほどでしたが、このあたりも探りながら釣りをしても面白いかもしれませんね!

ズルズル&チョンチョン

ズル引き、そしてズル引き&ストップ、これでもイマイチ反応が得られなかったら小さなリフト&フォールもぜひ!

ズルズル巻いて、チョンチョンとわずかに跳ねさせるイメージでティップにアクションをつけてやる。

砂煙からちょっと何かが跳ねたような演出は、リアクション要素と食わせの間を与えることになり、こちらも効果的!

ヒロセマンのワンポイント

次ページでそんな「ちぬキャンディ」を扱う際のヒロセマンのワンポイントアドバイスをご紹介!

1 / 2
次へ