ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【バス釣りルアーの使い方】ワーミング後編【琵琶湖-春夏対応=解説=国保誠、柴田洋生、冨本タケル】

解説=冨本タケル Takeru Tomimoto

獲れる魚はすべて釣るが信条。オールラウンドスタイルで琵琶湖を駆け巡るプロガイド。輝かしい戦歴の持ち主(2013B.A.I.T第1戦2位、BIWAKO OPEN 第4戦2位 、 年間4位。2014B.A.I.T第1戦 2位 、第2戦 2位、第3戦優勝、BIWAKO OPEN 第1戦2位 、年間5位。2015B.A.I.T 第1戦優勝)。愛知県出身・在住。1970年8月生まれ。「サブマリンガイドサービス」http://submarineguide.jimdo.com/

獲れる魚はすべて釣るが信条。オールラウンドスタイルで琵琶湖を駆け巡るプロガイド。輝かしい戦歴の持ち主(2013B.A.I.T第1戦2位、BIWAKO OPEN 第4戦2位 、 年間4位。2014B.A.I.T第1戦 2位 、第2戦 2位、第3戦優勝、BIWAKO OPEN 第1戦2位 、年間5位。2015B.A.I.T 第1戦優勝)。BIWAKO OPEN2016年間15位。愛知県出身・在住。1970年8月生まれ。

●琵琶湖ガイド情報●
submarine guibe (サブマリンガイドサービス)=ガイド受付☎090-8951-4647
出船マリーナ: ボートヤード・フロントライン(滋賀県草津市志那中町124ー1)
ガイドエリア:全域
ホームページ:http://submarineguide.jimdo.com/
ブログ:http://submaringu.exblog.jp/
使用ボート…チャンピオン196 DC
遊漁船登録番号:愛知4301号
IMG_2162
釣行に役立つオススメ情報サイト=BRUSH」釣果はもちろん、天候や水位等琵琶湖のバスフィッシングに関する情報満載
琵琶湖オススメランチどころ=ヤマハマリーナのパスタランチ。ボリュームもあってオススメです。

パスタランチ
3種よりお選びいただけるパスタをメインにしたランチです。
料金 1,300円(税込) ご提供時間 11:00~14:30
【コース内容】
バゲットパン、ミックスサラダ
パスタ(下記3種よりお選びください)
A. オイルベースまたは和風、B. クリームベース、C. トマトベース
フリードリンク

出典:ヤマハマリーナ琵琶湖=ラ・セリアのパスタランチ

パターン解説

産卵が近いプリスポーナーに有効なのがフィネスの釣り! 特に弱いボトムコンタクトを演出できるJHワッキーがオススメ!

琵琶湖の春の釣りといえば、スイミングジグやスピナーベイト、クランク、バイブレーションなど、巻きの釣りが頭に浮かぶアングラーも多いだろう。しかし、産卵に向けてある一定の時期を過ぎると、こういった巻きモノなどにまったく反応しなくなる。昨日までこのエリアでバンバン釣れていたのに…といった経験をされた方も多いと思う。

こういった状況は魚がいなくなったのではなく、魚の状況が変わったと判断するのが妥当。捕食メインだったプリスポーナーがいよいよ産卵が近くなったサインだ。

こんな状況になったら必要になるのがフィネスの釣り。フィネスの中でもボトムを強く叩くリグではなく、ボトムコンタクトの弱いJHワッキーの釣りがこういった状況に強い。使用するワームは、コンパクトかつストレート形状で複雑な波動を出すウェイブモーションがベスト。プリスポーンの巨大なメスを狙う、ストロングな釣りを習得して、春の引きだしを増やしてほしい。

シチュエーション解説

春にこの釣りが爆発するのはハードボトムのスポーンエリアと、それに隣接するエリア、水深1-3m

この釣りを使うエリアは、スポーニングエリアと、それに隣接するコンタクトポイント。水深は1-3mと幅広いが、スポーニングベッドを作るエリアなので、ハードボトムなのが条件になる。南湖の場合はウイードがある場合が多いので、そのウイードに引っかけてウェイブモーションから微妙に波動がでるようにシェイクしながら、魚に気づかせて食わせるイメージ。あくまでも魚に気づかせるのがキモ。

北の場合はウイードに加えロックや沈船などのストラクチャーが相手になるので、JHはガード付きのモノが好ましい。スタックしてしまうとナーバスな状況の魚は一気に口を使わなくなるので気をつけたい。主なエリアは南湖でいえば西岸、各ワンド。北から堅田、名鉄、アクティバ、カネカ、井筒、自衛隊等、東岸なら、木ノ浜、赤野井、下物、北山田などほぼ全域で適用できる。特に前段階で釣れていたエリアではぜひ試してもらいたいパターンだ。

ベストマッチルアーはコレ!
ゲーリー・ウェイブモーションのJHワッキー【ティムコ】

使用するワームはウェイブモーションのJHワッキー。オススメカラーは939。そして、ジグヘッドはフィッシュアローのフォールヘッド1/20oz。このJHは2本のナイロン製のガードが装備されており、障害物回避性能とフッキングを両立させている。使用するロッドは張りのあるスピニングロッド。引っかけて外すアクションができるLからMLパワーのロッドが基本になる

026_fallhead_1
出典:フィッシュアロー

冨本 タケルのワーミング使用タックル

■使用タックル…フェンウィック・テクナPMX62SLJ(ティムコ)+コンプレックスCI4+(シマノ)+シューター・FCスナイパー5Lb(サンライン)

 

3 / 3
前へ