ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

1年でもっともトップがアツい季節。レイドジャパン”オニちゃん”こと山本訓弘の梅雨トップのススメ。

寄稿:山本 訓弘(オニちゃん)

はいっ!!どーもっ!!こんにちわー!!

ため池の事ならなんでもお任せ。オニちゃんこと、山本訓弘です!

さてッ!みなさん、このところ釣りに行けない時間が多く…釣り欲MAXになってはいないでしょうか?

わかります…釣りに行けなくても、例年だとあそこのポイントでこのルアーで、「ドカーンッ」と、なんてよく考えちゃいますよね~!

というわけで、今回は5月〜6月の例年の淡路島のため池のパターンをご紹介したいと思います!!

山本訓弘(オニちゃん) (Yamamoto Norihiro ) プロフィール

生まれも育ちも兵庫県の淡路島で、生粋のMr. アワジシマン「オニオン山本」、通称・オニちゃんこと、山本訓弘。レイドジャパンプロスタッフ。 タックル開発など多忙を極めながらも現場大好き! 東奔西走、週末になれば地元の淡路島(野池時々、海)を体育会系なノリで駆け回る日々を送る元野球人。野池、河川、リザーバー、陸っぱりもボートも、バスもソルトもこよなく愛する、重度の釣り好き。ちなみに虫や魚は大好きだが、カエルは見るのも耐えられないほど苦手。

 

ズバリ…トップウォーターでしょうッ!!

この時期のオススメはズバリ、トップウォーター!!

 

1年を通して、いちばんトップウォーターでバスを釣りやすい時期が、梅雨入り前後のこのタイミング。

ではでは、なぜこの時期なのか。

それは…水際にカエルが多くなるから、虫類が多く出てくるから、稚ギル・小バスが水面によく浮くからッ!

バスのコンディションもアフターの個体が多くなり、水面のこういった小さくて、食べやすいベイトをより好んで食べるようになるというわけ!

 

じゃあ、ワームの方が釣れるんじゃねーの???

もちろん、数を釣るならワームの方がいい時もあります。でも、デッカいバスや賢いバスを釣るには、断然トップウォーターの方が効率がいいです。

でも、それよりもなによりも。

同じ釣るなら!トップウォーターでドバーンッと、水面が割れるド派手な釣りの方が楽しいでしょ!!!

 

どんなトップウォーターがいいの?

トップ・トップと言っても、プラグにワイヤー系にワームまで、いろーんな種類が。

そこで!オニちゃんが梅雨時期に使うトップウォーター3選をご紹介!

 

①ブルタンク

まずは…愛してやまない「ブルタンク」から!

 

立木やオーバーハングなどのストラクチャーに投げて、点で誘う攻め方で使用。

使い方は2〜3回首振りからのロングステイが基本。ガシャンガシャンと少し強めに2〜3回首振りさせて、糸を張らずに5〜10秒ステイ。

…すると、聞いた事が無いくらい激しくド派手に水面が割れちゃいます。

ブルタンクで使っているタックルはこんな感じ。

●ROD:RAID JAPAN/グラディエーターアンチ GA-75XXHC アンダーテイカー(プロト)

●REEL:アブガルシア/レボビーストHS

●LINE:シーガー/フロロリミテッド25lb

●HOOK:RYUGI /フロント:ピアスツインブルータル1/0 リア:フェザードピアストレブル 1

ちなみに、ロッドはレイドジャパン2020年のNEWアイテム「GA-75XXHC アンダーテイカー」を使用!レイドジャパン初となるビッグベイト&スイムベイト専用ロッドなので、お楽しみにッ!

【レイドジャパン開発よもやま話】第1回:グラディエーターAnti&MAXIMUMのNEWアイテム。

 

②マスタブラスタ

続いては、バズベイト「マスタブラスタ」!

 

マスタブラスタを使うのはオープンエリア。地形変化やヒシモのエッジなどを線で攻める時に使用します。

巻きスピードは、これ以上ゆっくり巻くとペラが止まるよーってくらいのスピードがGOOD。アピール力もあるので、雨が降っているタイミングでも水面を炸裂させる事ができるルアーです。

使っているタックルはこちら!

●ROD:RAID JAPAN/グラディエーターアンチ GA-610MHC バルトロ

●REEL:アブガルシア/レボロケット10

●LINE:シーガー/フロロリミテッドハード16lb

 

③デカダッヂ

ブルタンクは点の釣り、マスターブラスターは線の釣り。

で、この「デカダッヂ」は、どちらもできるマルチプレイヤー!

 

僕の使い方は、着水してから5秒ほどしてから巻き始めます。

巻きスピードはティップから垂れているラインが羽の動きと同じように揺れているくらいがベスト!めちゃゆっくりです。

デカダッヂを使用するタックルは、ブルタンクと同じでOK!

●ROD:RAID JAPAN/グラディエーターアンチ GA-75XXHC アンダーテイカー

●REEL:アブガルシア/レボビーストHS

●LINE:シーガー/フロロリミテッド25lb

●HOOK:RYUGI /ピアストレブルブルータル1/0

 

僕は強めのタックルが好みなので、通常よりワンランク強いロッドをチョイスしています!

ブルタンクは「GA-610MHC バルトロ」や「GA-611HC ブラスター」。デカダッヂは「GA-74XHC ディフューザーや、2020年のNEWアイテム「GA-72HC キングヘビー」辺りもかなりオススメですよ~!

 

というわけで、梅雨前後の時期は、紹介したトップウォーター3種の神器があれば、ウルトラど派手な水面炸裂バイト間違いなしッ!!

ほんとトップウォーターを使わないと損するといっても過言ではない時期なので、是非みなさんも水面炸裂させてくださいっ!!

以上っ! 淡路島よりオニちゃんこと山本訓弘がお伝えしました~!

 

レイドジャパン(RAID JAPAN)

2011年設立、岡山県を拠点とするタックルメーカー。 ロッド「グラディエーター」シリーズをはじめ、各種バスルアーを輩出。 代表はカリスマアングラーとして知られる金森隆志氏。 「常に釣り人であれ。」という観念のもと、岸釣りのレベルとステイタスを押し上げるべく、現場主体で日々開発・研究を重ねている。