ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【スティーズフロッグ】トンネル構造が採用されたダイワの人気フロッグを紹介

そろそろ用意しておきたいルアーなのがフロッグ。

今回はダイワの人気フロッグ「スティーズ・フロッグ」「スティーズフロッグJr.」をご紹介。

 

スティーズ フロッグ/ スティーズ フロッグ Jr.【ダイワ】
STEEZ FROG / STEEZ FROG Jr.

品名 サイズ(mm) サイズ(g) 色数 メーカー希望本体価格(円)
スティーズ フロッグ 60 16.5 15 1,080
スティーズ フロッグ Jr. 55 12 15 1,080

 

強い水押しのドッグウォーク、移動距離を抑えたテーブルターンが得意

スティーズフロッグは移動距離を抑えた水押しの強いテーブルターンが得意なフロッグ。

また特筆すべきなのが構造。実はボディ内部がトンネル構造となっていて、水の浸入を防ぎながら、空気抜けが良くなるようテール側に小さな穴が設けられています。

あとカバーを攻めるスナッグレス性能とフッキング性能を両立させたボディに貫通力を誇るSaqSas(サクサス)フックを搭載しているのも特長。

従来のメッキ処理では実現できなかった驚きの貫通力を持つ表面処理テクノロジー。ハリの表面にフッ素系特殊プレーティング加工を施すことで、刺さり性能は従来の塗装ハリに比べて最大40%(平均約20%)アップ(当社比)。

 

水中アクション動画もぜひチェック

出典:YouTubeチャンネル「DAIWA japan official」

 

スティーズフロッグのボディの特長をピックアップ

アゴ周辺

通常のフロッグに比べてフラット面が広いのが特長。この形状のおかげでドッグウォークのスライディング性能向上と、前方向への強い水押しを生み出してくれる。

アイとフックポイントの位置関係

アイの部分を上方向に膨らませてあり、このおかげで障害物がアイに当たり、フックポイントに直接ぶつかることを防いでくれる形状となっています。

ボディサイド面

体高のあるサイド面形状になっていて、ドッグウォークした際に左右に強い水押しを発生。

 

オリジナルサイズとジュニアのサイズ比較

 

 

実釣動画もぜひチェック

出典:YouTubeチャンネル「Ultimate BASS by DAIWA」

 

カラーバリエは超豊富!! 2020年新色を含めて全15色

2020年はカエルカラーの新色3色が登場
アマガエル、トノサマガエル、アカガエル=2020年4月デビュー

1 / 2
次へ