ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【メガコスパ】ジギングエントリー機。シマノ「20トリウム」このスペックで28,000円。

ジギングって楽しそうだし、めちゃめちゃ興味ある。

でも、“タックルをイチから揃える”となると、なかなか1歩を踏み出せないことも確か。

最初の1台やサブ機にピッタリのメガコスパリール、シマノから登場。

 

TORIUM(トリウム)【シマノ】

2020年6月登場予定

オシアジガーの血統を受け継ぐスペックで、なんと本体価格28,000円。

とことんコスパを追求したオフショアジギングリール「TORIUM/トリウム」。

シマノ公式「TORIUM(トリウム)」詳細ページはこちら

 

この価格でこのスペック

各モデルのスペックはこんな感じ
品番 ギア比 最大ドラグカ(kg) 自重(g) 糸巻量
PE(号-m)
最大巻上長
(cm/ハンドル1回転)
スプール寸法
(径mm/幅mm)
ハンドル長(mm) ベアリング数
BB/ローラー
本体価格(円)
1500HG(右) 6.3 7 435 2-500、2.5-400、3-320 97 49/31 73.4 3/1 28,000
2000HG(右) 6.2 11 555 3-400、4-300、5-220 116 59.5/29 80/92 3/1 28,000
2000PG(右) 4.6 15 550 3-400、4-300、5-220 86 59.5/29 80/92 3/1 28,000

※HG=ハイギア仕様、PG=パワーギア仕様。
※トリウムは全機種PEライン専用。

 

1500HG、2000HG、2000PGの3機種がラインナップ。

ライトから、パワーゲームまで幅広いシチュエーションをカバーできそう。

そうなんです、このトリウムの最大の特長はなんといっても、この価格でこのスペック?というハイコスパ。

それでは、実際にどんなスペックが搭載されているのか。見ていきましょう。

HAGANEボディ

HAGANEボディは、冷間鍛造によって硬く叩き上げられた金属の鎧。高い剛性により内部構造を守り、たわみを最小限に抑えることでギアのかみ合わせ精度が向上。アングラーのチカラを逃がすことなく巻き上げ力へと変換する。

出典:シマノ公式HP

Xプロテクト

ドライブギア軸スプール側ベアリングに対し防水壁を設け、その内側・外側に特殊撥水グリスを充填。防水性が大幅に向上。

出典:シマノ公式HP

Sコンパクトボディ

パーミング側のボディは、径をハンドル側よりコンパクトに設計。そのうえで掌・指との接触面を拡大し、しっかりと握り込めるホールド感を求めている。掌にカチッと収まるためホールドしやすく、操作性を向上させるとともにアングラーの疲労も軽減。

出典:シマノ公式HP

スプールロック機構

スプールを完全に固定し、逆転をロックする機構。根掛かり時にも安心。

出典:シマノ公式HP

クラッチオートリターン

クラッチはハンドルと連動して戻るオートリターン方式を採用。ボトムタッチからの巻きはじめにタイムラグがなくなり、着底直後のヒットチャンスを逃しません。

出典:シマノ公式HP

 

実際、手にとって触ってみると巻き心地もめっちゃスムーズ。

エントリー機としてはもちろん、個人的には、シーズンになるとちょこっと手を出したいタチウオジギングや、たまーに誘われる飲ませ・落とし込み用なんかに興味津々。

6月に登場予定とのこと。その頃には今まで通り、釣りに行けるようになっているといいですねぇ。

 

シマノ(Shimano)

1921年創業。1970年に「レジャーを通して人々の健康に寄与する 」という企業哲学のもと、釣具事業部が発足。リール、ロッド、ルアー、用品などクオリティの高いアイテムの開発、製造、販売までを行い、釣具の総合ブランドとして、国内外問わず多くのファンを抱えている。独自の技術も数多く、世界に誇るジャパンクオリティを提供し続けている。