ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【MTウェイク】まっつん松下雅幸プロデュース!デプスの注目ジョイントウェイクベイトがついに登場

「まっつん」こと松下雅幸さんが以前から開発を進めていたルアーなのが、ジョイントウェイクベイト「仮称マツバド」。

松下 雅幸(Masayuki Matsushita) プロフィール

愛知出身、滋賀在住。エムブロウガイドサービス・まっつん。広大なエリアから魚を探しだすスタイルをベースに、食わせ展開も得意とするひと味違った隠し玉を持つオトコ。デプスのエムブロウやマッドボール、マツラバの生みの親。

 

ルアーニュースRではじめてその情報をお伝えしたのは2017年7月のこと。その記事がこちら!

まっつん松下雅幸プロデュース「仮称マツバド【deps】」の開発が進行中【短編ムービー公開-食わせ系表層ウェイクベイト⁉】

その後も、仮称マツバド情報をお伝えしてきました!

【マツバド(仮称)】松下雅幸プロデュースの新型ウェイクベイト開発秘話公開【デプスニュース10×奥村和正】

 

Vish デプスニュース 新型ウェイクベイト「マツバド(仮)」開発秘話
Vishコラムはこちら

 

 

そんな注目の「仮称マツバド」が、正式名称「MT.ウェイク」となり、ついに登場ということで、少し詳しくご紹介!
出典:デプス公式 MTウェイク詳細ページ

 

MTウェイク【デプス】

2020年4月登場予定

MT.ウェイクはカバーを掻き分けて引ける、スナッグレス効果の高いジョイントウェイクベイト!

出典:Vish

↑画像はプロト

一番の特長といえるのは95mmというサイズに見合わないサイズワイドリップを採用してあるトコロ。このワイドリップがカバーを掻き分けてトレースするのを可能にしてくれる。


出典:Vish

 

あとピンスポでの食わせを可能にするハイレスポンスなセッティングにしてあるのも特長で、着水直後からのリトリーブ動作にすぐさま反応。抜群の泳ぎ出しを見せてくれるとのこと。

 

リトリーブすると引き波を立てながら、水面~水面直下でジョイントボディをくねらせアクション!

そしてそのアクションにリアの大型ブレードが追従しボディやアイにこすれ、スクラッチサウンドやフラッシングを発生しバイトを誘ってくれる!


出典:Vish

 

Length Weight 本体価格
95mm body 1.7oz ¥2,400

デプス公式MTウェイク詳細ページはこちら

 

MTウェイクの特長をピックアップ

スナッグレス効果を高めるワイドコフィンリップ

垂直にセッティングされた幅30mmオーバーのワイドなコフィンリップを搭載。これによって、枝や浮遊物などカバーを掻き分け、スタックや浮遊物が絡みつくストレスを大幅に回避!

 

基本アクションはただ巻き! 移動距離を抑えた誘いができるシェイク巻きも有効

基本アクションはただ巻き! またロッドを細かくシェイクすることでジョイントボディを強制的にくねらせ移動距離を抑えたシェイク巻きが可能。この誘いはショートディスタンスやピンスポットで効果的にバイトを誘発してくれる

実釣動画も配信されているので、ぜひチェック

『MTウェイク/春の水面炸裂系』松下雅幸

出典:YouTubeチャンネル「 depsweb」

 

 

ボディデザイン・バランス・浮き姿勢

ワイドリップ、喫水位置が深い水平浮き姿勢、そしてジョイントボディで、素早く水を掴むハイレスポンスアクションを見せてくれる

 

リアボディには6個の小径ステンレスラトルが内臓

リアのボディには6個の小径ステンレスラトルが内臓されていてアピール力がUP

 

フックアイの前にフックの誘導方向を抑制する突起を配置

フックのアイのすぐ前部分にフックの遊動方向を抑制する突起が配置されていて、それによって、リップやフック同士が絡むストレスを大きく軽減。また大きめサイズのフックが採用されていてフックアップ率が高めてあります

 

大型の#6ブレード搭載

テールに取り付けられた特徴的な大型ブレード#6は、大きく水を掻き乱し、アイやボディにこすれて、スクラッチ音を響かせ、同時にフラッシングしてくれる!

またブレードサイズを下げればリトリーブスピードを上げることも可能とのこと

 

カラーは魅惑の全8色

カラーによってブレードカラーも違うモノが搭載されています!!

それでは1色1色見ていきましょう!!

1 / 2
次へ