ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

船エギタコ2018!ダイワ的NEWアイテムを紹介【オフショア蛸ゲーム】

Reprinted Source:TSURISOKU

いよいよ本番を迎える、船から狙うマダコ。関西を中心に各地で盛り上がりを見せる「船エギタコ」釣りが最近の人気。今回は気になる「2018船タコ」のダイワ的NEWアイテムをエグってみましょう!

ダイワスタッフの西村豪太さんがNEWアイテムでマダコをゲットしてくれましたぁ

SaqSas(サクサス)フック搭載のタコエギ!!

まずは快適船タコエギSSです。デカタコでも確実にフッキングさせる「サクサスフック」が採用されたタコエギ。

そのフックには振動とフラッシングで遠くにいるタコを誘うハイアピールブレードが装着されています。さらにはチョコっと出ているスタビライザーが姿勢の安定にひと役かっている優れモノ! さらにはカンナの根本部分、ここがタコエギの弱点ともなりやすいところを、ストロングテールの採用で強度もアップしています。

そして、ブレードによるアピールとともに、注目したいのがラトル内蔵である点。つまり、音と振動でアピールしてタコを寄せ、タコが触れば確実にフッキングに持ち込み強度もあるタコエギとなっているのだ。

ちなみに、2コ付けする時は、膨張系カラー(夜光系)とシルエットがハッキリするタイプの組み合わせが、セオリー

この価格で!!? Xシリーズにエギタコロッドが!

続いてロッドです。注目なのは「エギタコX」で、オススメする理由がズバリ、コスパ!! メーカー希望本体価格は17,000円です! もちろんメタリアエギタコなどハイスペックモデルもあるのですが、エントリーするにはありがたいし、十分すぎる機能が備わっています。

ブレーディングX構造で、ネジレを抑制します。さらに穂先はカッチカチの棒のようなロッドを想像しがちなエギタコロッドからすると意外と軟らかく、タコエギに付くオモリが立つ・寝るの繊細なアクションを表現しながら、それでいてオモリが底を切りづらい設計だ。

 

というわけで、今回は注目のタコエギとロッドを紹介してみました。

写真はルアーニュースの姉妹紙「週刊釣場速報」編集部による明石でのエギタコロケ時のもの!