ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

関和学が解説!オカッパリ・アフタースポーンバス攻略の超キモ【ベイトフィネス戦略&ルアー&カバーネコリグ究極セッティング】

各地のオカッパリおバス釣り場はアフタースポーンのタイミングになってきましたよね!

アフタースポーンのバスは産卵を終えて、体力的にキビしいお疲れモード。バスのルアーに対する動きは基本的にスロー。口を使わせるのがけっこう難しい時期といえます。

今回はそんな難解なアフタースポーンの攻略法についてご紹介。

攻略法を教えてもらったのは、霞ケ浦水系のオカッパリのスペシャリスト!関和学さん。

関和さんのホームフィールドである霞ケ浦水系でロケを実施。アフタースポーン時期に有効な攻め、戦略、さらにはルアーやアプローチを教えてもらったので、ご紹介させていただきます!

出典:週刊ルアーニュース

関和学(せきわ・まなぶ)オカッパリバスフィッシングの超スペシャリスト。霞ケ浦を拠点にJBトップ50プロとして大活動。合理的で綿密で繊細なフィネステクを得意としトーナメントでもその実力をいかんなく発揮。2016年はエリート5を制している。東京都出身&茨城県在住
HP…http://www.walker-walker.com/

 

まずは基本的な戦略について!!

関和さんのアフタースポーン基本戦略1
少し回復し気味でルアーをギリギリ追えるバスを狙ってのベイトフィネス・ランガン

バスの動き的にはスローな関和さんが、この時期に獲る作戦の1つなのが少し回復してルアーを少しは追えるバスを狙ってのベイトフィネス・ランガン大作戦!

この作戦は具体的にどんなモノなのかは、以下の3つ。

・その1
朝イチは水門の周りやアシのキワなどアフターのバスが好んで付く縦ストで、さらに水面が穏やかなスポットでのワンズバグによるサーチ。

・その2
次に日中は、矢板、水門、アシ、クイといった縦ストやカバーのシェード狙い。ツインテールリンガーのネコリグとNSを、ベイトフィネスタックルでスピーディかつ正確に狙う。

・その3
回復を図るために流入河川を遡って捕食しているバスを、同じくベイトフィネスタックルでのツインテールリンガーのネコリグ&NSを駆使して獲る。

3つの戦略を軸に広い霞ケ浦水系を高速ラン&ガンするというわけ。

ちなみに実釣ロケでは結果的にこの3つの戦略を実践して50cmを頭にグッドサイズ揃いで数釣りにも成功してくれました。

1 / 5
次へ