ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

東条湖現場ナマ情報by三原直之【週刊ルアーニュース(4/27発売号)】

毎週金曜日に関西&東海エリアを中心に発売されている週刊ルアーニュースで連載中の「現場ナマ情報」!淀川や大江川はじめ、池原ダムや七色ダムなど人気フィールドの現状分析や今後の予想、オススメの釣り方などを各地の釣りウマアングラーがナマ解説!ルアーニュースRでその一部をご紹介!今回お届けするのは「東条湖」!

東条湖(とうじょうこ)ってどんなトコ?

ビッグバイトというレンタルボート屋さんアリ

近畿で3番めに古いバスフィッシングの歴史を持つ湖で、大きなサイズの目撃情報も多数。本流から上流までシーズナルに釣りを楽しむことができる。

三原直之(みはら・なおゆき)。東条湖をホームに2015年からTOP50メンバーとして日々戦っている。トーナメントの傍ら、東条湖観光スタッフ&ヒューマンフィッシングカレッジのトーナメントスキル講師としても活躍中

ブログ「三原直之の『エースを目指せ!』」
https://ameblo.jp/bass-thanks9/

ツイッター
https://twitter.com/naoyukimiha

インスタグラム
https://www.instagram.com/miharanaoyuki/

東条湖ビッグバイト
http://www.tojokobigbite.jp/

今週の東条湖ナマ情報

現在の東条湖の水温は15-17度。水質は本湖がクリアで上流はステインです。水位はわずかに減ってきていますが、まだ満水といえるでしょう。

スポーニングの状況は?

現在は、イマカツフラット付近の上流エリアのスポーニングも一段落したようで、ネストの姿もあまり見られなくなりました。まだこれからスポーニングをする魚もいるでしょうが、上流→本湖→中流の順にペアリングの個体が多くなっていくでしょう。

次のページでは今狙うべきポイントとゴールデンウイークにかけてのパターンを紹介!

1 / 3
次へ