ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ジャッカルから加藤誠司プロデュース「シザード7inch」登場!多数の微波動を出す稚魚の集合体をシザーコームの腕とNEWリザードで表現

ジャッカルから加藤誠司さんがプロデュースする新作ワームが登場。その名は!

シザード7inch【ジャッカル】

シザーコーム×リザード”釣れる”波動の集合体
出典:ジャッカル公式シザード詳細ページ

 

このワーム、あのシザーコームとリザードが合体したワームになっているとのこと!

えっなんで、シザーコームとリザードなの?と疑問に思った人も多いと思います。記者もえっ!なになに? とハテナマークでした。

その答えなんですが、実をいうとアメリカではリザードタイプのワームは超定番で高い実績があり、USAトーナメントに参戦を続けている加藤さんがそのことに着目。リザードがなぜ効くのか?その理由を見つけることを追求した結果、あることがわかったそうな。それは…。

「マイクロベイトを捕食するバスにはリザード型ワームの形状が生み出す波動が非常に効果的である」ということ。

小さいベイトフィッシュは身を守るために集団で行動。1尾1尾が泳ぐ時にごく小さい波動を発生させるわけですが、小さなベイトの群れは小さな波動の集合体ということになり、その小さな波動の集合体を1つのルアーで表現しているのが細かなパーツが配置されたリザードタイプのワームであると加藤さんは結論づけたのでした。

 

そして加藤さんが、より釣れるリザードワームを作ろうと開発を進めるうえで、目をつけたのがシザーコームの触手だったとのこと。


出典:ジャッカル公式 コラム

 

確かにシザーコームは恐ろしく多くの微波動を発しますもんね!

弱波動を生むシザーハンド

そして加藤さんはさらに複雑な水流をだすためにテールに大きなカーリーテールを配置。

幅広なカーリーテール
出典:ジャッカル公式シザード詳細ページ

稚魚の塊をイメージしてスイミングで使いやすいモノに仕上げたのでした!

スイミングメソッド対応

ちなみに具体的な使い方としてはテキサスや重めジグヘッドでのスイミング! キャロでの広範囲サーチ。また琵琶湖などのウイードエリアでの巻き巻きなどとのこと。
色々なトコロで活躍してくれそうですよね!

Name Length Quantity 推奨フックサイズ Price
SCISSORD7″ 7inch 5本入り オフセット#4/0、5/0 ¥880(本体価格)

 

シザードの開発秘話の詳細はジャッカル公式 コラム「加藤誠司が手掛ける新アイテム、「シザード」とは」をぜひチェック
http://www.jackall.co.jp/bass/column/12328/
シザードの製品詳細はジャッカル公式ページチェック
http://www.jackall.co.jp/bass/products/lure/scissord7/

 

またシザード関連動画も続々とアップされています!ぜひチェック!

出典:YouTube JACKALLSTATIONチャンネル

 

出典:YouTube JACKALLSTATIONチャンネル

 

加藤さん関連動画