ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

シャクテン釣法、続報!誘って掛けていく釣りがたまらない、ボートタチウオゲームに迫る!

最近ちょくちょく目や耳にする「シャクテン釣法」

詳しくはこちらの記事をチェック!

太刀魚狙いの新釣法「シャクテン釣法」っていったいどんな釣りなんだ!?

シャクテン釣法の実釣動画(彩キャプテン出演)が配信スタート!噂のオフショアタチウオゲーム新テク

テンヤ型のジグヘッドにワームをセットしたルアーを、シャクってシャクってタチウオにアピール。

そしてステイさせてバイトチャンスを与える釣り方のこと。

シャクってシャクって止める。これだけの簡単な動作でタチウオが釣れる、今注目のタチウオゲームの1つなんです。

その「シャクテン釣法」ですが、続報があります。

当ルアーニュースR編集部が直近で大阪湾にて動画撮影を行ってきたので、詳しくお伝えします。


11月中旬に大阪府堺市から出船しているチャーター船・シーマジカルさんを利用して、女性船長で有名な彩船長こと富永彩子さんと、新進気鋭のルアーメーカー・ジークラックの代表を務め、この「シャクテン釣法」の伝道師でもある青木那充さんたちと、大阪湾の須磨沖と堺沖に出撃してきました。

まず、記者が実際に見て感じたこの釣りの利点。何点かあるので、挙げていきます。

と、その前に、このシャクテン釣法では、ジークラックから発売されている専用ルアー「タイガードラゴン」を使用します。

TIGER DRAGON

販売価格:¥1,100円(税別)(50g/65g)
販売価格:¥1,200円(税別)(80g/100g)

タチウオ用!テンヤルアー!

しゃくって、しゃくってピタッと止める。そしてアタる!すなわち『シャクる+テンヤ=シャクテン』 シャクテン釣法。優しく誰にでも簡単に楽しく太刀魚ゲームが楽しめる釣り方です。

素早いフォールでターゲットレンジまで急降下。そして、巻いて止めるたびに水平姿勢で確実にバイトチャンスを作り捕食が上手でない太刀魚もしっかりと掛ける事ができる。

フックはトリプルフックとアシストのダブルフックも標準装備されており、パッケージから出してそのまま使用可能。

出典:ジークラック

①簡単

タイガードラゴンをボトムまで沈めて、着底したらワンピッチでシャクり上げ。回数は5~6回が標準で、中層まで幅広く探りたい場合はもう少しシャクり上げればOK。シャクって、シャクって、ピタっと止める。アクションはこれだけなので、誰もがすぐに実践できるのが最大の魅力です。

②疲れない

通常メタルジグでタチウオを狙う際、100g前後から、重ければ200gというウエイトを使用します。基本的にはボトムから中層付近までシャクり上げてくるのですが、体力に自信がない人やビギナーさんには、これは少し疲れます。だけど、このシャクテン釣法なら重くても100gまで、しかもシャクり続けないので、疲れ知らず。そのうえ簡単なので、女性や子供さんも気軽にチャレンジできます。

③良型が釣れる

実釣取材を見て感じたこと。ベルトサイズと呼ばれる指2本級の小型のタチウオが釣れず、あがってくるのは、ほぼ良型だという点。ほぼ指3~4本クラス、しかもメーターオーバーのドラゴンサイズも出現!

でもなぜ、小型が釣れてこないのか。タイガードラゴンをデザインしたジークラック代表・青木那充さんによると、止めた時の水平姿勢時に、タチウオはタイガードラゴンのお腹(ちょうどフックの部分)を目掛けてバイトしてくるのが、ほぼ100%。#1や#1/0といった大きいトリプルフックを食いきれない小型はフックに乗らないバイトになるだけで、ワームまでガッツリと食ってくる指3本以上のサイズばかりが釣れてくるのでは…とのこと。

タチウオジギングではバイトはもちろん、スレ掛かりでよく小型があがってくることも多いが、タイガードラゴンの場合はそのようなこともあって、良型が中心に釣れてくるので、効率よく釣っていけるのも利点の1つですね。

④タックルが変われば楽しさ倍増

シャクテン釣法は、通常のジギングタックルを流用することが可能ですが、実はジギングタックル以外でも楽しめるんです。

取材時、富永さんと青木さんはボートアジング用のソリッドティップロッドを使用。

鰺泥棒竿

AJI DOROBOU STICK ADR-S611M

販売価格:¥29,800(税別)

アタリや変化を視覚と手元で感じる
ボートアジングロッド。

高弾性30tソリッドティップでアジ特有の吸い込みバイトを捕らえ、しなやかでパワーのあるブランクスは、掛かった後の突っ込みにも耐え、バーチカルなボートアジングゲームを完全カバーする。
操作性とストロークが確保できる6ft11inchスピニンモデル。

ティップ部分以外のブランクはルアーを操作するハリもあり、掛かった後の突っ込みにも耐える粘りを持たせたブランクスに仕上げました。

全体はブラックで白の唐草模様となっています。

出典:ジークラック

なぜ、ボートアジング用のソリッドティップロッドなの?

それは「ティップにでるアタリを取っていく」からなんです。

SnapCrab_NoName_2016-12-1_17-7-51_No-00

ティップにでるアタリを取っていく釣りといえば、アオリイカのティップランやイカメタルなどが挙げられます。

イメージはそれ、そのもの。釣り方も同じですよね。シャクって、止める。そして、ティップにでるアタリや、ティップにはでなくても感じる違和感を察知して、アワせる。シャクテン釣法もまさにその釣り方で狙っているのです。

ティップにでるアタリもティップランやイカメタルと同様、ティップが入る、もしくはテンションが抜けるようなアタリです。

もちろんライトジギングタックルでも十分使えます。手元にタチウオ独特のドン!という強いアタリが伝わってくるので何の問題もありませんが、ティップにでるアタリを積極的に掛けていく、ソリッドティップロッドでのタチウオとのやり取りが面白いんです。


…という感じで、メリットがたくさん。

しかもタイガードラゴンにはスペアワームが付属。少々のことでは潰れないボリュームのあるワームですが、スペアや、別売りでワーム単体も販売されているので、すぐさまカラーチェンジも可能。

スペアーワームは別売りでも販売
価格:500円(税別)
■サイズ:M●ワームサイズ:M(全長約110mm×3本入り)●タイガードラゴン50g・65gに標準装備されているモデルです
■サイズ:L●ワームサイズ:L(全長約140mm×3本入り)●タイガードラゴン80g・100gに標準装備されているモデルです

出典:ジークラック

タイガードラゴンはセット方法も簡単。

SnapCrab_NoName_2016-12-1_17-29-37_No-00

ワームをきっちりホールドするスクリューワイヤーと逆転防止の2つのツメでワームが外れにくくストレスなく使用できます。PAT.P

出典:ジークラック

ヘッドにワームをくるくると回して刺していくだけなので、カラーローテーションもすぐにできてしまいますよね。


で、実釣の方は…ヒット、ヒットの嵐!

SnapCrab_NoName_2016-12-1_17-16-53_No-00

_MG_4335

このタイガードラゴンを使ったシャクテン実釣取材は、富永さん、青木さんたち3人で午前中のみで軽く40尾以上!しかも良型ばかりで、ドラゴン級も出現しました!

_MG_4346a

ちなみにこの日は大阪湾でも水深60~90mのディープエリアと、湾奥の20m前後のシャローエリアを攻略。

タイガードラゴンの重さやカラーを使い分けていきました。そして、その中でもボトム付近で反応があるのか、中層なのか。カラーは何がいいのか。シャクリ方は激しめがいいのか、スローがいいのか。そんなことをみんなでワイワイいいながら釣るので、楽しめますよね。

ついでに記者もシャクテン釣法初挑戦でタチウオゲット!

SnapCrab_NoName_2016-12-1_17-21-16_No-00

ロッドが絞られるアタリ、タチウオ楽しいですね!


ということで、とにかく簡単に楽しめて、しかもこれからさらなる進化の可能性を秘めた「シャクテン釣法」

一度、体験してみてはいかがでしょうか!

利用チャーター船

シーマジカル

http://www.magical-web.jp/