ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣り総合ニュースサイト

ワカサギやヒウオパターンで効くブースターブレードの水中アクション動画が公開されました

タダ巻きスピンテール系の定番ルアーとして知られているのが…。

ガイドプライドの「ブースターブレード」

サイズは130mm、55mm、77mmの3つあり。

その3サイズの中で汎用性が高いのは55mmと77mmの2つ!

Booster Blade77

Booster Blade 55

このブースターブレードですが、激ハマりしているのは…。

晩秋~冬にかけての琵琶湖の北湖の数釣りパターン。

そして同時期の南湖の氷魚(ヒウオ※アユの稚魚)パターン。

さらにはワカサギパターン。

そんなブースターブレードの使い方は基本、タダ巻くだけ! もちろんスレてきたらエッセンス的にトゥイッチなどを入れるのもアリ!

タダ巻きするとフラットヘッド部に適度に水を受けて、簡単にレンジキープしつつ、変に動かず直線的にスゥーと泳いでくれます!

 

さて、そんブースターブレードの55mmと77mmの水中動画がYouTubeのバレーヒルチャンネルより公開になりました!

動画では水中アクションをまじえつつ、あの部長こと奥村哲史さんがブースターブレードについて細かく解説してくれています!

ぜひチェックしてみてくださいね!

 

関連する記事