ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣り総合ニュースサイト

【愛用者必見】トランポ直伝!デラボールのベストなフックセット方法をご紹介

今秋発売となったジャッカルの小型スイムベイト「デラボール」。球体ボディとキュートなシルエット、そしてインナースルー構造が特徴のルアーだ。

_MG_5049_a

中でもヒット後のフックオフを軽減する「インナースルー構造」と、それを可能にしたフックセット方法は秀逸。今回はそのフックセット方について開発者であるトランポ水野こと水野浩聡氏が実践しているベストなセッティングをご紹介しよう。

まず、基本となる正しいセット方法だが、ボディにワイヤーを差し込んでフックを固定する「ビースティンガーフック構造」においては、その差し込み位置が重要。

差し込み位置としては、ボディ下部の小さなフィンと、中央のスリットの間(写真の黒い印の部分)に差し込むイメージ。このまま押し込めば基本セットの完成だ。

ここで気をつけないといけないことは、ワイヤーの挿入角度。ボディと平行に差し込むことが重要で、斜めにセットしてしまうとスイミング姿勢などに問題が生じてしまうので要注意。

また、基本のフックセット方法以外にも、スキッピングに適したセット法もあり、そちらもトランポ水野のブログで公開されているのでコチラも要チェック。【参考:水野浩聡~ON THE GROUND~

関連する記事