ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ブレイク中のルアージャンル!ギル型ビッグベイトに注目の新作が登場予定!

ここ数年の注目ジャンルの1つなのが「ギル型ビッグベイト」!

いろんなモノがすでに発売されてたり、発売が予定されているのもテンコ盛り!

そんな中、発売が近そうなのが、藤木さんのブランド「フラッシュユニオン」の新作

それは何かというとフローティングタイプのギル型スイムベイトの「ユニオンギルスイマー130」だ。

IMG_4385

ギルスイマddー

コイツはすでに発売になっているフローティングスイムベイトの「ユニオンスイマー」のギルバージョンでサイズは130mm。

ルアー解説.Still014

 

 

ルアー解説.Still008

これぐらいブカっと浮きます!

 

 

 




パーツ的な特長はまずテール。

[スティンガーステップダウンテール]と呼ばれるテール。

デッドスローから、高速、ダートまで対応してくれる特殊形状テール!

IMG_4389

[スティンガーステップダウンテール](PAT.P)
デッドスローから、高速、ドリルダートまで可能にした、他に類を見ないテールです。下部は引き始めに水を素速く引っ掛けるスティンガータイプ。デッドスローでのテールの動き出しを可能にし、スピードがアップするとテールが反り上がり、上部のステップダウン形状に水が流れ、ダウンフォースを発生、テールのブレイクやボディの傾きを抑制します。こだわりに、こだわり抜いたテール形状です。

出典:フラッシュユニオン

 



ボディ構造がユニオンスイマーでも採用された[インナースーパーコア](PAT.P)と呼ばれる構造。

インナーに強度のあるマテリアル、そしてアウターにはソフトなマテリアルを使ってあり、柔らかいのに壊れにくいというスイムベイトになっている。

↓写真はユニオンスイマー




あと特長的なのがフックのホールドシステム。

フック収納部には硬めな素材が採用されていて、何度でもフックをセットすることが可能。スキッピングなどでは外れにくく、バスがヒットするとリリースされる新構造で、フックアップ後はフリーになり、バレにくいという特長も持っているんです。

IMG_4392

ルアー解説.Still017

 

続いて、気になるアクションですが、

藤木さんがコンセプトとしたアクションは以下の通り。




●タダ巻き

軽くチョンとダイブさせていったん水中に潜らせれば、超デッドスローから高速まで、しっかりテールを振りながらアクションしてくれます!

ルアー解説.Still012




●左右への幅の大きいダート

で、これが最大の特長といえるアクションなのですが、チョーン、チョーンと動かす動かすと、かなり大きく左右へダートしてくれるんです。

かなりクイックに反応して、予想以上に左右に大きくダートしてくれます!!

ルアー解説.Still009 名称未設定 1

IMG_4395

フラットなボディサイド面が水を受けて大きくダート!



●フラフラ ライズアップ!

タダ巻きやダートさせた後、止めていると浮いてくるのですが、その浮くアクションが身をゆっくりクネクネとくねらせながら浮いてくるんですよ。

だからタダ巻きやダート後の浮かせ中にバイトをかなり誘えるとのこと。

ルアー解説.Still013




●潜らせてのタダ巻き

ジャークを入れていくとどんどん、潜っていってくれるので、任意の層まで潜らせてからのタダ巻きも可能!

 

以上がユニオンギルスイマーのパーツや動きの特長! かなり特殊なアクションをしてくれるので、通常タイプのスイムベイトと合わせて使うと獲れる魚が増えると思いますよ!