ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ヒロセマンが解説! デイ日中のチヌ・クロダイゲームの最終兵器公開【実釣ロケ動画も公開】

デイ日中のチヌ・クロダイゲームの最終兵器公開

チヌ・クロダイ・キビレゲームのベストシーズンになってきましたよね。

近所の小規模な河川や河口などでお手軽&お気軽ゲームをみなさん、楽しみマクっているのではないでしょうか?

チヌ・キビレゲームというと基本的にはマヅメ前後やナイトゲームが一般的ではないでしょうか?

では、日中は釣れないの? というと、そんなことはないです!

 
ただちょっとしたコツというか、攻め方を工夫する必要があるんです。

そのあたりを今回はチヌフェチのヒロセマンに教えてもらうべく、動画ロケをしてきました。

 

ロケではヒロセマンいわくデイゲームで基本というか、重要なのはとにかく「リアクション」とのこと。

底ズルでも釣れるけど、アタっても乗らない、掛かりにくいことも多いのは事実。

でもこのアタリは小さいキビレ(通称・チビレ)の反応だったりするそうです。

そのアタリをとるのも面白いそうなんだけど、やっぱり効率よく釣りたいとなると、魚の性質を利用したリアクション攻めが理にかなったアプローチ。そしてハードルアーとソフトルアーを使い分けることで、さらにキャッチ数を増やすことができるとのこと。

 

そんなヒロセマンのデイチヌの最終兵器として投入しているのが3タイプのルアー&リグとのこと。

それはマイクロメタルバイブと、定番のクロー系ワーム、さらにキビしくなった時のダート系ワームの3種。それでは3種を1つ1つ紹介していきますね。

 

ジグパラブレードのマイクロ系44mm (5g  / 7g )【メジャークラフト】

デイチヌで一番投入機会が多いというのがこのジグパラブレードとのこと。

ジグパラブレードのマイクロサイズはこの44mmの5gと7g以外に35mmの3gもラインナップ!

 

特長はハイピッチアクション&フラッシングを発生し、スピーディに探れて、しっかりした波動でスイッチを入れてくれること。デイチヌゲームではマイクロサイズの44mm (5gと7g)をリフト&フォールで使用。ちなみにヒロセマンいわく、デイではグローカラーがかなり効果的だそう。
今回の実釣ロケでも良型キビレのバイトを誘発してましたよ!

 

 

午前9時頃のド日中タイムで、流れもなくなりいよいよキビしい時間帯と思いきや、マイクロメタルバイブのジグパラブレード7gでのリフト&フォールでサクっとキャッチに成功

 

ヒロセマンに動画で解説してもらったので、チェックしてみてくださいね

1 / 2
次へ