ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【初公開】ラグゼ渾身のディープクランク「AVENGEクランク」&「スイミングショットNEO」を礒村雅俊に直撃!

琵琶湖のバス釣り完全ガイド2020

新作スイミングジグとその使い分け

また、ラグゼから新作スイミングジグ「スイミングショットNEO」も登場する。

まずはブツをご覧いただきたい。

スイミングショットの進化系ともいえる新作スイミングジグ、誰もがよりレンジキープしやすい水をつかむ形状に。ヘッドの面部分にくぼみを持たせたのが要因だ

上の写真が新作スイミングジグ「スイミングショットNEO」

これは元祖とんがり系スイミングジグであるラグゼの「スイミングショット」がベースとなっている。

こちらが元祖とんがり系「スイミングショット」

そのスリ抜け性能で今も色あせないスイミングジグのひとつだと思うが、「スイミングショットNEO」はスリ抜け性能を踏襲しつつ、より水をつかむ、簡単にいうとレンジキープがしやすい、どこにルアーがあるか分かりやすい形状へと進化している。

元々面があった部分にくぼみを作ることで、誰もがルアーの存在感を得られる仕様になっているのだ。

何をしているか分からない、いわゆるノー感じになることもあるスイミングジグのデメリットを解消したかたちだ。

スイングインパクトファット(ケイテック)との組み合わせ。若干の濁りがある時に強い

また、そのレンジキープ力を強固にするため、スイミングショットと比較すると若干フック側に重心をふっている。

そして、スイミングジグの用途が広がったことに対応すべく、スイミングショットでは3本だったガードが9本に。用途に応じてアングラーがカットして使用できるようになった。

春から徐々に初夏へと季節が進行し、水がクリアになっていくと非常に有効になるスイミングジグ。具体的なアクションとしては、これまでのスイミングショットと同様でOKとのこと。

ウイードエッジに沿ってロングキャストしボトムまで沈め(季節に夏っぽさを感じるとフォールバイトも多くなるので注意)、着底後は即余分なラインを巻き取り1度ショートにシャクる。

すぐさまリーリングを開始しウイードに当てるようにし、当たれば素早くリールを3、4回転させてリアクションバイトを誘発させる。スリ抜け性能に優れるスイミングショットの十八番ともいえるが、これにレンジキープ力が加わるのだから頼もしいばかり。

礒村雅俊・スイミングショットNEOタックル

ロッド:ラグゼイフリートB70H-RF
リール:バンタムMGL 6.2
※匠ベアリング・メイン本多式、ハンドル自転式
ライン:アディクトフロロ16lb
ルアー:スイミングショットNEO
トレーラー:スイングインパクト、バンブルシャッド、フルスイングなど

さて、前半ではディープクランクを後半ではスイミングジグについて礒村さんに話を伺った。

最後にその2つを使うべきシチュエーションについて尋ねてみた。

「ディープクランクとスイミングジグは、もしかしたらとっつきにくいかもしれませんが、そこまで難しく考える必要はありません」

そう話す磯村さん。どちらも実は一年を通してもっと出番があってよいルアーだという。シンプルに、水がクリアならスイミングジグ、濁っていればディープクランクというベースを念頭においてほしいという。

その条件の中、狙うのが3.5mより深いならばディープクランクが選択肢。まずはシンプルに濁りをキーにセレクトするとよいだろう。

礒村雅俊(Masatoshi Isomura) プロフィール

礒村雅俊(いそむら まさとし)…ラグゼプロスタッフ。琵琶湖におけるバスフィッシングのプロガイド。釣れるテクニックをわかりやすく解説し、スキルアップできるうえに高確率でデカバスに会えるとして人気。繊細なワームの釣りはもちろん、トップ、ビッグベイト、クランクベイトなど、ダイナミックなゲームも得意。南湖をメインにフルタイムガイドとして活躍し、その季節とタイミングに合った釣りを心がけている。同じく琵琶湖プロガイドである関根健太とルアーメーカー「KID」も立ち上げている。1985年生まれ。趣味はサッカー観戦。
2 / 2
前へ