ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【今こそ覚えたい】「イモムシノット」使ってますか?カンタン×強度バツグンの結束方法。

クリンチノット、ユニノット、漁師結び。

スナップやリングへの結束方法はいろいろ。

記者がショア・オフショアで青物などを狙うときに使用する結び方は「イモムシノット」。

もう、使っている人も多いですよね。カンタン、早い、強い、太いリーダーでも扱いやすい。今のところ、使用頻度が一番高いノットです。

 

イモムシノット

完成形はこんな感じ。

 

結び方

①リーダーを20~30㎝取って、折り返す。

②スナップやリングを通して、下から引き出し力を入れて締め込む。

③ハーフヒッチを(上・下)の順で4回ほど、計8回ほど編み込む。

④残りのラインをカットしてライターで焼きコブを作って完成。

 

うーん、なかなか伝わりにくい…。

動画の方がわかりやすい!

はい。 ヤマリアからめっちゃわかりやすい動画が公開されていました!

出典:YouTubeチャンネル「YAMASHITA Maria」

 

わかりやすい&カンタン。 実際、慣れれば、1~2分で完成します。 編み込みスペースがあるから、サワラや太刀魚など歯の鋭い魚が回ってるときも、ちょっと安心。

いろいろ試してみたんですが、記者的には今のところ変に切れたりとかもないし、なにより結ぶのがカンタンで、60lb以上の太いフロロリーダーなんかも結束しやすいので「イモムシノット」に落ち着いている感じ。

他にいい結束方法を見つけたら、ご報告しますね~。