ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ビンビン玉TG 雷流】タイラバに新たな一手!「揺らぐ」NEWビンビン玉が気になる!

タイラバ特集2020

春といえば、タイラバ。

小気味のよいアタリに、ロッドを絞る引き。そして、水面に現れるピンク色の鮮やかで美しい魚体。想像するだけでテンションが上がっちゃいますよね。最高です。

そんなタイラバゲームに魅せられ続けているのが、ジャッカルプロスタッフの田中亜衣さんです。

田中 亜衣(Ai Tanaka) プロフィール

ジャッカルSALTプロスタッフ。タイラバのエキスパートとして知られるアングラーで、どんな状況にも対応する柔軟なタイラバスタイルを確立している。 物腰の柔らかいトークと雰囲気とは裏腹な、完全な理論派アングラー。 また2021年春から、遊漁船「FxF KIX”(エフバイエフ キックス)」をスタート! キャプテンとして大阪湾南部から和歌山エリアの様々な釣り・スタイルを案内してくれている!

亜衣さんがこよなく愛する、ジャッカルのタイラバ「ビンビン玉」シリーズ。

たくさんの商品ラインナップがあるのですが、中でも定番なのが「TGビンビン玉スライドヘッド」です。

このヘッドの特徴は、一言でいうと、「動かない」ということ。

水流をスムーズに流すヘッド形状のため、リーリングした際には、ヘッドは動かずにネクタイの波動とパルス(揺れ)でマダイを誘う、というのがコンセプトになっています。

安定したアクション、近海からディープまで対応する多彩なウエイトラインナップ、そして数多くのパーツたち。

定番タイラバといっても過言でない「TGビンビン玉スライドヘッド」なんですが、この「動かない」ではなく、「動く」方にマダイが反応するというシチュエーションもある、ということが、亜衣さんの中でありました。

例えば、遊漁船に乗っていて、魚探にマダイの反応はあるのに、釣れない…といった、マダイがニュートラルになっている状況。

また、アフタースポーニングの超低活性時や、逆にイワシなどがベイトになっている超高活性時。極端なケースではありますが、この状況に対応するヘッドを完成させたい、そういった亜衣さんの思いで、新しいタングステンヘッドの開発がはじまりました。

NWEビンビン玉は「揺らぐ」タングステンヘッド

ちなみに、よく「静と動」といった分け方がされますが、このNEWタングステンヘッドは「動」ほど動くイメージではありません。

マダイは激しく動くものを嫌う傾向があるので、ほどよい「動」、しっくりくる言葉としては「揺らぎ」だそうです。

マダイ一筋の百選練磨の亜衣さんだからこそ、必要だった新たな一手。その名も「ビンビン玉TG 雷流」。

続報を待ちましょう!