ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

注目のオカッパリ真鯛マダイゲームを紹介【実はメタルバイブ攻めが有効なんです】

寄稿:中江貴洋

こんにちは中江貴洋です。私のホームグラウンド瀬戸内西部エリアでは、実は春から夏にかけてショアから真鯛を狙うことが出来ます。今回はそんなショアマダイゲームについてご紹介させていただきます。

中江 貴洋(Takahiro Nakae) プロフィール

生まれも育ちも広島県西部エリア。沿岸住まいという地の利と、ありあまるフィジカルを武器にフィールドへと通う、混じりけ無しのライトゲーマー。LOOP広島支部所属。アクアウェーブ・フィールドスタッフ。

 

ショア・マダイ狙いではジグ単を使用する人が多いけど、実はメタルバイブも効果的

瀬戸内・西部エリアでのショア・マダイ狙い方は、メバル狙いと同じジグ単リグで狙う人が多いのですが、実はメタルバイブも効果的なんです。

 

激流エリアで複雑な潮流が発生しているトコロのボトム付近を狙うのが◎

そして狙うべきポイントはいわゆる激流エリア。流れが速く、複雑な場所のボトム付近を狙います。

こういった場所は水深がある場合が多く、もともと流れが速いので、沈下速度の速いメタルバイブはまさにうってつけなんです。飛距離が出るのでブレイク付近も狙いやすくなります。

 

ショア・マダイゲームで愛用しているのがビバの【クラッチメタル】

具体的に私が愛用しているメタルバイブはビバの【クラッチメタル】です。

もともとこのルアーはブラックバス用に作られたメタルバイブ。

Viva公式クラッチメタル 詳細ページはこちら

 

極薄ブレードが採用され、手元までブルブル感が伝わる

極薄ブレードが採用されてているので、引き感が軽いわりに、手にはしっかりとブルブル感が伝わります。使用感のよさはモチベーション維持に直結する大事なポイントでもあり、私の愛用理由1つになっています。

クラッチメタルのボディは強度の高い銅系素材が採用されているのですが、ボディが薄いので、手元にブルブル感は伝わりつつ、引き抵抗は軽やか。
また厚さですが、一般的な真鍮製のメタルバイブが0.8mm程度の厚みなのに対し、このクラッチメタルは0.6mmと、かなり薄いのが特長です

 

まっすぐフォールしてくれ、エビになりにくいのも◎

そして重要なフォール姿勢なんですが、クラッチメタルはスパイラルせず、まっすぐ沈むので、エビになりにくいのもウレシイところです。

使うウェイトは5gと7gを中心に、水深と潮流速度によっては14gまで使います。

サイズアップによるバイト数減少よりも、キチンと真鯛の目前を通してやることが肝心です。

クラッチメタルは4ウエイトのバリエあり

Clutch Metal 14g : 55mm / 14.0g / ¥760(税抜)
Clutch Metal 10g : 49mm / 10.0g / ¥740(税抜)
Clutch Metal 7g : 45mm / 7.0g / ¥720(税抜)
Clutch Metal 5g : 40mm / 5.0g / ¥700(税抜)

 

実績カラーはゴールド系を中心としたキラキラ光るベイトライクなモノが◎

カラーはゴールド系を中心に、キラキラと光るベイトフィッシュライクなものを多用しています。

カラーバリエは全10色

 

リフト&フォール攻めが基本! バイトはフォール時に集中

キャスト後は着底を待ってリフト&フォールで誘います。

そんな中、アタリはフォール時に集中します。コンっという違和感があれば、すかさずフッキングしてください。もともとダブルフックが装着されていますが、あくまでブラックバス仕様。もっと真鯛に適したセッティングがないか、目下試行錯誤中です。

 

水中アクション動画もぜひチェック

出典:YouTubeチャンネル「Viva / Aquawave Lures」

メタルバイブ攻めは、マダイに加えメバルやかアゴにも有効

あとメタルバイブ攻めは、真鯛だけではなく、メバルやカサゴといったフィッシュイーターにも効果的。

メタルバイブの圧倒的な飛距離と沈下スピードを生かして、他のアングラーとは違う攻め方を試してしてみてはいかがでしょうか!

1 / 2
次へ