ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

レイドジャパンの釣れ系ホグワーム「バトルホッグ」シリーズをガッツリいじる。

出典:YouTubeチャンネル「RAID JAPAN Official Channel」

 

突然ですが…こちらの動画、もう見ました?

春はワカサギ、シラウオだけじゃない!どこのフィールドでも存在するあの生き物のパターンが存在する!

どこのフィールドでも存在するあの生き物…そう、エビ・ザリ系!

というわけで「バトルホッグ」なんです。

テキサス、フリーリグ、ジカリグ、トレーラーに「バトルホッグ」。めちゃめちゃ使える、なんでも使えるレイドジャパンの「バトルホッグ」。

外出しづらいこのタイミング。家で「バトルホッグ」をいじり倒してみます。

 

そもそも「バトルホッグ」とはなんぞや?

レイドジャパンのホッグ系ワーム。喰わないバスいないだろ…な、エビ・ザリガニ系ベイトをイミテート。

レイドジャパン公式「バトルホッグ」詳細ページはこちら

 

シルエットに注目

で。 まず注目したいのは各サイズ共通のシルエット。

写真は4.4inch

どうです? 全体の半分を占めるほどの大きな手(アーム)に、リアルな足。 世にホグ系のワームってかなりありますが、その中でもどちらかというとリアル系ではないでしょうか。

 

最大の特長は大きなアーム

 

分厚いですね。上下非対称ですね。細かいリブが入ってますね。

公式には「縦扁平パワーアーム」と言うそうなんですが、これがフォール時にバイブレーションを起こしてアピール。 そしてスイミング時には“ぐわんぐわん”と、まるでハンマーを振り降ろすように力強く水を叩いて刺激するそうな。

で、このパワーアーム。よーく見ると、内側が山になるように作られていて、かつ“縦方向”に取り付けられているので、上下の動きに、開閉動作をプラス。

 

さらにさらに、リブは水を噛むだけでなく、空気を抱えこむので生命感ありありとのこと。

 

アームだけじゃないんだぞ

まだ、あります。そう、ボディサイドのレッグ。

この足がボディの横倒れを阻止。

で、長さが2パターンありますよね。ロングレッグはゆったりとしたスローな動き、ショートレッグはピリピリと小刻みな動きでさらにアピール。

オリジナルの3.8inchと4.4inchには、“うすーい”カーリー状の触覚が搭載されていて、わずかな水流にも反応。

…つまり。

バトルホッグは、それぞれのパーツがそれぞれが作用・アクションし、異なる波動を生み出し、このサイズ感とは思えないパンチ力のあるワームになっているというわけですよ。

代表の金森さん、バトルホッグ3.8inchのフリーテキサスで!

 

水中アクションはこんな感じ

出典:YouTubeチャンネル「RAID JAPAN Official Channel」

バトルホッグの実釣動画

出典:YouTubeチャンネル「RAID JAPAN Official Channel」

 

1 / 3
次へ