ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

モバイルロッドの進化。AbuGarciaの多彩なラインナップは、きっとアナタにぴったりの1本が見つかるはず!

連載:トモ清水「ガッ釣りソルト」

モバイルロッドはさらに釣りを楽しくさせてくれる!

パックロッドの使用頻度は年々上がっていて、その携帯性、便利さは非常に楽で釣りを楽しくしてくれています。

かつて2ピースやテレスコピックロッド、パックロッドは、性能的に劣るというイメージが強く、1ピースが絶対的という風潮がありました。それもそのはず、強度面やベンディングカーブの綺麗さ、重量面で1ピースより劣っているものが多かったからだと思います。

時代は進み、ロッドの技術も全体的に進化したことから、パックロッドの弱点である強度や曲がり、軽さといった点が改良され、1ピース感覚で使えるパックロッドが増えてきました。また海外遠征やアウトドアのブームにより、より携帯性が高いパックロッドの需要が高まり、また釣りの多様化、思考の変化で、釣りが気軽に楽しめるパックロッドが人気を博しています。

ソルティースタイルのカラーズ。8色のカラーラインナップが魅力。 専用のケースがついてくるので、破損を防ぎ、どこでも持ち運べます

カラーズでちょっと旅行先で空いた時間に釣りするなど、いかがでしょうか

アブガルシアからも非常にたくさんのパックロッドをラインナップしています。ソルティースタイル・カラーズは、色も選べてラインナップも豊富。そしてリーズナブルな価格ながら、KRガイド仕様などハイスペック。今なお人気で、老若男女問わず釣りを楽しくしてくれるアイテムです。

メインの釣りの合間に、ちょっとサブ的にパックロッドで遊ぶというスタイルがおすすめ♪

ソルティーステージKR-XモバイルⅢシリーズに追加機種が続々!

2020年に入り、新製品としてソルティーステージ・モバイルⅢのラインナップ追加がどしどしリリースされています。ソルティーステージKR-XのモバイルⅢには、シーバスやライトジギング、ショアジギング、タイラバロッドに加え、さらに今年エギング、フラットフィッシュ、クロダイ、オフショアキャスティング、GT、スーパーライトジギング、ロックフィッシュがリリースされます。

2ピースから3ピースにすることによって仕舞寸法が短くなるだけでなく、設計上でも実は1ピースや2ピースに比べて設計の自由度は高く、ロッドの心臓部であるブランクス性能を上げることが出来ます。

こちらはモバイルⅢスピニングの曲がり

モバイルⅢにライトジギングモデルもあります!

3ピースだとティップ部、ベリー部、バット部と大きく分けて3つのセクションを、それぞれの役割に合わせてカーボンの弾性率やグラスの配合率など細かく使い分けることが可能です。またロッドを曲げた時に曲がりの頂点となるロッドの中心部あたりにくるので、そのあたりに継ぎ部を避けることが出来ます。とこのように3ピースは設計上でも様々なメリットがあります。

ソルティーステージKR-XモバイルⅢのGTロッドで釣ったパラオのGT

SS KR-X OSC SOCS-723M-KR

 

こちらは同じくパラオで釣ったカスミアジ。
KR-XモバイルⅢのオフショアキャスティングロッドで

KR-XのモバイルⅢのプロトロッドを持ってパラオにテスト行った時のことですが、コンパクトに出来た分、飛行機で運ぶ際に追加料金を非常に安く出来ることが出来ました。

離島遠征にもモバイルロッド。荷物がコンパクトになるので、ストレスフリーですよ♪

ロッドの仕舞寸法が少し長くなるだけでも航空会社によって多額の追加料金を支払わされることがあるので気をつけてくださいね。また釣行先へロッドを荷物として送る際にも発送料金は年々高くなっていますので、短い寸法で送れるパックロッドは、金銭的にも負荷が小さいのが非常に大きなメリットとなります。

空港での一コマ。モバイルだとこんなにコンパクト。
従来のバズーカだと高額な料金が発生することも!

1 / 2
次へ