ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【9inch】ロングになって美味しさUP!OSPのドライブクローラーのロングモデルを紹介!

これぞワームの代名詞!ともいうべきミミズなど(worm)を模した細長いシルエットで、バス釣りアングラーのマストアイテムである「ストレートワーム」。ノーシンカーやネコリグ、ワッキーやダウンショットといった多彩なリグに対応し、食わせの王道といった印象のアイテムだ。

各メーカーに必ず存在するのでは?と思うほど種類豊富なストレートワームだが、その中で今回はO.S.Pが2011年にリリースしたドライブクローラーについてご紹介しよう。

img_products_main_dolivecrawler2

世界のT.Namikiこと並木敏成氏が代表を務めるO.S.Pが、満を持して世に送り出したドライブクローラーは、バスが好むフォールスピードと最適な水押しを計算したセミリングボディとまとったストレートワーム。ボリュームのあるヘッドと肉厚のフラットテールが使い勝手とフォール時の自発的ウネウネアクションを実現している。

柔らかなマテリアルには比重をプラスするための塩と、エビとイカのフレーバーを配合することで、自重を活かした艶かしいフォールでアピールしながら、味とニオイでもバスを誘うことができる。

サイズは4.5インチを筆頭に、35インチ、5.5インチ、6.5インチがラインナップされていたが、この春に新たに9インチというロングタイプが登場した。

9_600

ドライブクローラー9インチは、従来モデルの倍近いサイズ感で、O.S.P初となるロングワーム。ボディが長くなった分、水押しによるアピールはもちろん、シルエットによるインパクトも絶大だ。フォールでの自発的クロールアクションもさらにパワーアップしているので、ウナギが棲息するあのエリアや、夏のウイードエリアなど使えるシチュエーションを想像するだけでワクワクしてくる。

ロングワームの新たな可能性を発見させてくれそうなドライブクローラー9インチ。かなり食わせを意識したモデルなので、サイズに臆せず果敢にキャストしていきたいところ。