ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【たまらんばいスポット大捜査】早春にオススメ!今まさに釣れているイチオシエリアを大公開!

連載:永野総一朗「たまらんばいスポット大捜査」

最近は早春ならではの三寒四温によって寒暖差のある日が続いております!

南湖全体の水温は10℃を超え、木の浜からもオカッパリの釣果情報を頻繁に聞くようになりました。

湖上もボートの数が増えてきて、いよいよシーズンインという雰囲気が漂っています。

永野総一朗 Nagano Soichiro プロフィール

思い出に残る楽しいガイドサービスをモットーに連日出撃中の人気プロガイド「たまらんばい永野」とは彼のこと!! 巻きから繊細な食わせまで幅広く柔軟にこなす人物で、ご存知「高菜漬け」も好評発売中!!  1988年2月生まれ、滋賀で頑張る福岡県人!

 

早春に効果的な2大エリアをご紹介!

春らしくなってくる中、最近ガイドで狙っているエリアは大きく分けると2か所。

 

①南湖西岸ワンド内、入り口の地形変化・ストラクチャー(ミック・カネカ近辺・坂本ミオスジなど)

風裏にもなりやすく1番バスを触れています。特に南湖西岸は数年前から台風で沢山のエリが崩れ、杭やロープ、オダがチラホラと沈んでいる状況。そのようなストラクチャーにワンド内のバスが依存しているイメージ! アクティバ~ミック~カネカ~鳥居間にあります。

 

②下物浚渫エリアのベイトが多い穴。

西岸に人が多い時や、風の無い日に狙うエリアの下物浚渫の穴です。この記事を書いている3月半ばは、広い下物浚渫エリアの中でも、特にアウトサイド側(一番沖に位置する穴)にベイトが良く映る穴が多いです。

あとはその穴の中のベイトがどこで捕食されているのかを意識しながら、穴の中にあるハンプや1番良さそうなショルダーを狙います。

 

両方の釣り両方ボトムの釣り

どちらのエリアもボトム中心の釣り方で、「スタッガーオリジナル3.5in」(3.5g)のテキサスリグが好調。 状況に応じて「スタッガーオリジナル4in」を使うこともあります。

 

使い方は、デッドスローのユスリングアクションで、1投に最低5分以上かけてユックリ引いてくるのがコツ。

本当に丁寧に丁寧に動かさないと今のバスは口を使ってくれません。

 

タックルデーター

3.5inのテキサスリグの本気セッティングはこちら!

 

ロッド:MACCA 611MHST(たまらんばいズバシスティック)【ハイドアップ】

リール:20メタニウム XG【シマノ】

ライン:ガノア アブソルートAAA(12~14Lb)【バリバス】

 

ワーム/フック/シンカー

ワーム:スタッガーオリジナル3.5in【ハイドアップ】

フック:本気(マジ)フック REVIVAL 5(#3/0)【ノガレス】(ショートバイトが多く必須!)

 

シンカー:テキサスシンカー(3.5g)(できるだけ色付きの光沢がないものがこの時期反応◎)

 

以前ここで解説したナスリグスタストも使いますが、それは寒いとき・風の強いときに使用。そんなシチュエーションではスタック感の強いルアーの方が反応が良かったりします。

逆に暖かくポカポカすれば、ライトテキサスという感じの使い分け。

とにかくこの早春バスはまだまだモノに対してタイトに着いています。テキトーに流すのではなく、変化に対してしっかりバスにアプローチしていきましょう!

 

 

 

WEB連載 琵琶湖今釣れるの、ココですばい!!たまらんばいスポット大捜査は隔週  木曜日 配信!

過去の記事もこちらからぜひチェック!