ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【霞ヶ浦・タイフーントーナメントで優勝】ウイニングルアーとなったO.S.P「ドライブビーバー」のテキサスパターンを大公開

寄稿:松村 寛
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

皆さん、こんにちは! 松村 寛(まつむら ひろし)です。

普段私は霞ヶ浦(かすみがうら・茨城県)でガイド業を営みながら、トーナメントに参戦するなどして活動しています。

私のホームグラウンド霞ヶ浦はご存じの方も多いとは思いますが、超タフレイクで有名です。

そんな難易度の高い霞ヶ浦で、2019年12月8日に開催された「タイフーントーナメント」で、O.S.Pの「ドライブビーバー」を使って優勝することができましたので、今回はドライブビーバーの紹介と共にウイニングパターンについて紹介していこうと思います。

松村 寛(Hiroshi Matsumura) プロフィール

霞ヶ浦をホームとするW.B.S.所属のプロアングラーであり、プロガイドサービス「KFGカスミフィッシングガイド」を営む。 W.B.S.で何度も優勝を果たし、A.O.Y獲得に向けて実績を積み上げながら、バスフィッシングのイメージアップやフィールド清掃などにも積極的に参加している。

 

大会当日の戦略について

トーナメントでは「ドライブビーバー4in」のテキサスリグがメインパターンでした。

サイズ カラー 数量 本体価格
4in 19 5(4in) 780円(税抜)※エコトーナメント対応モデル(Fマーク有)

O.S.P公式「ドライブビーバー」詳細ページはこちら

 

当日は12月頭ということもあり、考えられるのは初冬に効きそうなパターン。

そこで考え付いたのは2つの戦略。1つ目はワカサギシラウオを食べるバスを狙う釣り。その釣りで使うルアーは「阿修羅」や「ヴァルナ」。

2つ目は沖目のストラクチャーについたバスをラバージグやドライブビーバーのテキサスを使ってスローに狙う釣り。

これらの2つの攻め方を軸にして大会に挑むことに。

 

ミノー&シャッドの釣りからストラクチャーに付いたバスを狙う釣りにシフト

スタートして、まずは実績のあるシャローエリアでミノー&シャッドの釣りから入ります。しかしエリアの水が悪くて鳥もいない、風もない、ということで早々エリアチェンジ。

2カ所目、3カ所目、4カ所目と実績のあるポイントをミノー&シャッドで探るも全く気配を感じません。

今日はワカサギパターンは無理だろうと考えを切り替えて、沖目のストラクチャーに付いたバスを狙う釣りにシフト。

バスが隠れそうなクイやゴチャゴチャしたストラクチャーをランガンしていきながら探っていきます。

すると、杭でキロアップのバスがヒット! ドライブビーバー4inの(エビミソブラック)5gテキサスでした。

 

エビミソブラック

出典:O.S.P公式「ドライブビーバー」詳細ページ

 

気配を感じる沈みクイを狙うと…

ラインに傷がいっていないかをチェックして、さらに続けて撃っていくと目の前に気配を感じる沈みクイが! 近づきすぎたと後悔しながらも、丁寧に同じリグを落とすとラインが沈んで行かない…。

全く重さも何も感じないまま本能的にフッキングすると、ズシっと根がかりのような重さ。

もの凄い重量感のままラインが動き出します。バスだ! しかもデカイ。かなりの引きこみに耐えながらランディング。結果1,870gありました。

 

 

トーナメントで3度も優勝を果たした「ドライブビーバー」エビミソブラックカラー

あと1本でリミット。揃えれば勝てる! と必死に頑張りましたが釣れずに終了。

しかし終わってみれば優勝。景品でゴープロ7をいただきましたので、今年は動画を沢山撮りたいと思います。

 

 

今になって思う事は、昨年のW.B.S.初戦、キャスティング主催のJIG1。タイフーントーナメントと3回の優勝のウイニングルアーが「ドライブビーバー4in」のエビミソブラックだった事から、霞ヶ浦のバスにとってドライブビーバーのエビミソブラックはエサのように見えているということが考えられます。

そして2020年もドライブビーバーを含め、O.S.Pルアーがアドバンテージを与えてくれると思います。使ったら勝てる。そんな実力を秘めたルアーだと私は思っています。

 

霞ヶ浦ガイド募集中

最後に宣伝にはなりますが、今年も霞ヶ浦ガイドを募集しています! 冬になると大幅割り引き料金となりますので、詳しくはホームページでチェックしていただけると幸いです。

カスミフィッシングガイド 代表 松村寛 公式ホームページはこちら

 

皆さんもぜひ「ドライブビーバー」を使ってイイ釣りをしてくださいね!

O.S.P(オー・エス・ピー)

2000年6月設立。日本のみならず世界で活躍した並木敏成が代表として自身の経験を活かし、「10 Years Standard(10年基準)」をコンセプトにモノ作りを行う。日々生み出されるルアーは定番となり、多くのバスアングラーから熱く支持されている。