ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

春の港内アジング!数を狙うコツとセッティングのキモを紹介

寄稿:大森崇弘

春は、まだまだ海水温も低く、何を狙うにしても不安定な時期です。青物を狙うにしてもムラがあるし、アオリイカを狙うにしても、よほどの条件が揃わない限り厳しいですし…。

ということから私は、春にはメインターゲットは青物やアオリイカに置きつつも、保険的の釣りとして、足場がよく明るい漁港内でのアジングを楽しんでいます。

大森 崇弘(Takahiro Oomori) プロフィール

和歌山県全域をホームグランドに、ショア・オフショア問わず、旬のターゲットを楽しむマルチアングラー。Mariaフィールドスタッフ、GOSENフィールドスタッフ。

特にホームとしている和歌山県・南紀エリアの漁港内ならば、平均水温が高く、どちらからの風に対しても融通が利くのでオススメです。

釣れるアジのサイズは20cm前後ですが、実はこのサイズに、オススメの理由があるのです。というのは、尺超えなど大きなアジとなると、釣れるポイントが限られ、情報収集やポイントセレクト、または時合待ちなどが必要になってきます。

それに比べて20cm前後アジは群れが大きく、漁港の明かり周辺に溜まるので、情報収集や時合待ちなどの煩わしさは、皆無。

さらに、このサイズのアジは最初の数投でアタリが出る(出す)ので、ポイント見極めの勝負が早い!ここが、この釣りの最大の魅力です。

春のアジング!数釣りのキモ

釣り方は、シンプルなジグ単(ジグヘッド単体)の釣り。ジグヘッドは、0.6~1.5gもあれば、ほとんどの状況をカバーできます。

ワームは、クリア系・派手系カラーがあれば充分。ちなみに私は、「ママワームソフト スリムクローラー」や「ママワームソフト アジフラッター」を使います。

ラインは、風の影響を受けにくく、軽量のジグヘッドを水に馴染ませやすくするため、エステル(ポリエステル)ラインが最適です。

中でもルミナシャイン」ならば、集光能力があるので、常夜灯の明かりを受けて、ラインのカーブが見えるため、アタリの取りやすさはもちろんのこと、トラブル軽減にも役に立ちます。

メインラインは、エステルの「ルミナシャイン0.3号」、リーダーはフロロ「タイニーリーダーFC2.5lb」を使用

そして短時間で数釣りを満喫したいなら、アジの群れが大きいポイントで釣りをするのが効果的。

心掛けるには「最初の数投でアタリが出る(出す)」という特性を活かしてポイントセレクト。
具体的にはキャストして着水後5カウントで探り、アタリが無ければ10カウントを、そして、15カウントを。それで、アタリが無ければ、場所移動と言うように、まずは、アタリ探しを最優先していきます。

アタリのある場所を見付ければ、あとは、レンジを探り、カラーローテーション、ジグヘッドのウェイト調整で、アタリをヒットにつなげます。

20cm前後のアジはそれほど引く魚ではないですが、ここまでのプロセスが最高に楽しいです。なぜなら、アジはそこに居るのだから、釣り方で釣果の全てが決まるからです。

この釣りに関して、南紀の中でも特に串本エリアがアジの絶対数が多く、良い時ならば三ケタ釣果も狙えます。

個人的には、入れ食いよりも厳しい時にヒットパターンを見つける方が充実感があったりします。いずれにしても、短時間で手軽に出来る奥深い釣りであることは間違いありません。

実は重要!エステルラインのカラー選択

私が使用しているエステル(ポリエステル)ライン「ルミナシャイン」には、黄色・ピンク・パールホワイトの3色があり、どれも視認性に富んだ色です。
ちなみにラインの色は、好みで選択してもらえればよいのですが、状況的にチョイスするならば釣りをする場所の灯りと同系色を選ぶとラインが見やすいです。

具体的には…

  • オレンジ灯:ピンク(ルミナシャイン ピンク)

  • 蛍光灯:イエロー(ルミナシャイン イエロー)

  • LED灯:パールホワイト(ルミナシャイン パール)

といった使い分けをしています。

エステルラインとリーダーのオススメ結束方法

エステルラインならではの結束方法があるので紹介します。

エステルラインは、伸び率が少ない糸です。したがって、結束した後の締め込みを力強くすると、ライン強度を落としかねません。だから、最もシンプルな結束がベスト。

具体的には、エステルラインとリーダーを重ね合わせて、「8の字結び」をするだけでOKです。

編み込み回数が強度に比例するPEラインとは、全く違う性質で、細糸を使う夜の釣りで最大のメリットとなります。