ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【絶対感度】「ゼナック スピラドブラッカート」スピニング&ベイトに新シリーズ2機種が登場

かねてより「出るゾ!」と話題になっていた、ゼナックのバスロッドのラインナップ「スピラドブラッカート」のNEWアイテム2機種が2020年いよいよ登場!

PEラインの使用に特化したフロッグ用スピニングロッドに、琵琶湖に持っていくならこの1本というベイトロッド。

はたしてどんなロッドなのか、プロデュースを手掛ける片岡 壮士プロにいろいろ聞いてきました!

ゼナック公式「Spirado BLACKART」詳細ページはこちら

 

S66 Skippin’Frog【ゼナック】

2020年登場予定

MLクラスのパワーで、既にラインナップしている「B67フロッグ」のスピニングVer.のようなイメージのロッド。

Length:6.6ft Lure WT:1/16~3/8oz  Line WT:3~12/PE~30lb Price:¥47000

 

特長はこんな感じ

PEラインの使用を前提に、ティップは柔らかめながら強靭なバットをもち合わせているのが特長。食い込ませて、掛けて、デカバスもしっかり寄せられる、そんな1本になっているそうです。

 

0.45~1号くらいまでのPEを使用し、小さめのフロッグやムシ系ワームなどの表層系のルアーを細かくトゥイッチするような釣りに適したセッティング。 また、繊細なティップがミドストや重めのダウンショットなど”PEラインを使う少しヘビーなライトリグ”全般の使用も可能に。

最大の特長はガイドセッティングで、トップガイドから2番目のガイドまでに、アシストガイドを搭載。PEライン使用時にも絡まりにくく、トラブルがかなり軽減されたとのこと!

 

 

B4.5-72 Biwa Spec

「幅ひろいウェイトルアーに対応しつつ、最大限感度を落とさない」というのが開発コンセプト。

Length:7.2ft Lure WT:3/8~2oz  Line WT:12~25lb Price:¥48000

 

特長

しなやかなティップ、そしてベリーからバットにかけては、ルアーの抵抗に負けない強めのレギュラー寄りの設定になっていて”しっかり曲がる”ということが最大の特長。 PEの使用も視野に、中低弾性の素材もブランクに搭載。粘りのあるロッドになっています。

 

ヘビキャロなどのヘビーな底モノや、マグナムクランク・ヘビースピナーベイトなどの巻きモノまで対応、さらに7.2ftというロングレングスで、ボートからオカッパリまで対応する、琵琶湖セッティングな1本となっています。

 

これまた、おもしろそうなロッドが登場しますね!

個人的にめちゃ楽しみ!

 

ゼナック(ZENAQ ) プロフィール

1960年創業、made in japanの老舗ロッドメーカー。1960年頃よりバンブーロッドの製作を開始、その後は最先端の素材と熟練された技術を駆使し、各ルアーターゲットに最適化されたコンセプトのロッドを発表し続けている。 これまでエギングの「アソート」、メバリングの「アストラ」、ショアジギの「ミュートス」、ボートキャスティングロッド「トビゾー」、ジギングの「フォキート・IKARI」など様々なブランドやシリーズを展開、コアなファンからも圧倒的な支持を受けている。