ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【限定生産】ファストムービングに特化!イヨケンこと伊豫部健プロデュースのスペシャルなシリーズに熱視線

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

「ファストムービングの釣り」

クランクベイトやバイブレーション、スピナーベイトなどの”ファストムービングルアー”を、広範囲にテンポよくキャストして、ドンドン巻いて、魚をねらっていく釣り方。 春以降のハイシーズンはもちろん、リアクション的な要素を含むコトから、低水温期にもハマることがある。

アクション中に喰わせる釣り方のため、アタリを弾かず、それでいてしっかり掛けられるという、タックルバランスが重要な釣りとも言える。

…タックルバランスが重要。

巻いて、掛けて、獲れる…ファストムービングの釣りに特化した、伊豫部健プロデュースのスペシャルなシリーズが受注生産限定モデルとして登場。

 

Bantam 169M-FM/2【シマノ】

2020年4月17日までの受注生産モデル

ファストムービングルアーを使うことに特化したロッドBantam 169M-FM/2

フィールドを問わず”要”となる3/8oz前後のファストムービングルアーを使用して「遠投した先で喰った魚を獲る」ためにイヨケンこと伊豫部健プロがプロデュースしたロッド。

 

 

シマノ公式「Bantam 169M-FM/2」詳細ページはこちら

 

特長

最大の特長は、高い感度を保持しつつ、喰いこみ性能に優れた低弾性カーボンが採用されていること。

 

それにより、全体にモチッとした感じのテーパーになっており、ショートバイトもしっかり絡め取れる設計。

そして、ティップレングスを短くした従来とは逆のワン&ハーフ設計によりバットパワーが向上し、同時にフッキングパワーも飛躍的に向上したとのこと。

つまり「巻いて、喰わせた魚をノセて、掛けて、獲れる」1本となっているんです。

また、巻きの釣りということで、キャスト回数が多くなることは避けて通れない事実。 疲労とストレスの解消に、絶妙な段差を残したセパレートグリップが搭載されています。 グリップを極太仕様にすることでキャスト時のたわみが減少し、遠投性と安定性が向上。

 

また、独特なカラーリングも伊豫部健プロがこだわった部分。

「いかに楽しむか」というコンセプトで、遊び心ある今までにないスプラッター系のカラーリングも、ファンならずとも見逃せないポイントの1つ。

納得のいく道具で釣りをする。これも貴重な1本を獲るためには大事ですよね。

 

使用に適したルアーはこんな感じ

 

スペックはこんな感じ

■ LENGTH : 6′ 9″ (2.06m) ■ CLOSE LENGTH : 130cm
■ MEDIUM POWER ■ Lure Wt. 6~18g (3/16~5/8oz)
■ One & half (Short tip one & half)
■ 自重 : 130g ■ 先径 : 2.1mm ■ 適合ライン : 10~20lb
■ Price : ¥46,000 (+tax)

 

伊豫部健プロの実釣&解説動画もチェック

出典:YouTubeチャンネル「BANTAM Ch.」

 

1 / 2
次へ