ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【サーティフォーの新作ワーム】パフネークを使ったアジング釣行!家邊克己が呼子(よぶこ・佐賀県)を大攻略!

連載:家邊克己の「週刊!アジングマニアックス」

3月に登場予定の新作ワーム、「パフネーク」。このワームはプランクトンの塊の中でワーム本体を動かさなくても潮流の働きで動き目立たせることをテーマとしたワームです。

今回はそんな発売を控えたパフネークについてご紹介させて頂きます。

家邊克己 Yabe Katsumi プロフィール

サーティフォーCEO、製品開発責任者。全国津々浦々、アジが釣れると聞けば、ドコへでも足を運び、実際に釣って、アジングの楽しさを広く世に伝える、まさに「アジングの伝道師」というべき人物。かなり頻繁に全国各地で参加費無料のアジングセミナーも開催中! 釣具メーカー「34(サーティフォー)※社名は[みんな幸せに!]に由来」を立ちあげ、自身のノウハウを詰めに詰め込んだ製品開発に没頭中。京都府出身、福岡県在住、1958年9月生まれ。

 

水流でテールを動かしてアジに気づかせるワームが「パフネーク」

竹笛という短い竹を連結させて作った蛇のオモチャをヒントに誕生したのが「パフネーク」。

 

プランクトンパターンに変わりリアクションで誘うことが少なくなったアジングは、カラーでワームを際立たせてアジに見つけてもらう方向になりつつあります。

その中で全体が動くことなく水流でテールをより動かして目立たせようと考えたのです。

 

パフネークのスイミング映像はこちら

 

パフネークの由来は、puffy(ポッチャリ)snake(蛇)の短縮した造語。

僅かな水流でも止めているだけできっちりテールを振ってアピールしてくれるので、潮がゆるい時も早い時も効果的に使えるワーム。

 

パフネークの初回カラーをご紹介!

さて今回はそのパフネークの初回発売カラーをご紹介したいと思います。

 

ともしび

こちらのカラーは僕の中でパイロットカラーとして活躍中。

クリアでもソリッドでもないハーフソリッドの色合いが両方のカラーを好むアジに通用するので、どこでも釣れるカラーでパイロットには最適。

グロー+金ラメ+銀ラメ+赤ラメ最強の組み合わせとなっています。

 

こうはく

赤ラメ+銀ラメでラメの量を他の物より多くして煌めきを重視することでマズメには最強コンビです。

また、デイで狙う時も効果的で、アジだけでなくデイで釣れるあらゆる魚に対応。特に根魚に効果抜群のカラーです。

 

あめいろ

このカラーもプランクトンパターンの申し子のような定番カラー。

ハーフソリッドのボディに赤ラメとグローを入れていかなる場合でも通用するボディカラーでアジにアピールします。

 

ひまわり

これはパフネークから入った新カラーでかなり効果的な緑ラメを使用しています。

明るい黄色ベースに強グローが配合していて、金ラメ+緑ラメでアジにハイアピールします。テストでもかなりの実績を上げたカラーとなっています。

 

かいうんおれんじ

このカラーはシリーズ唯一のソリッドカラーで、黄色い外灯や濁り潮に抜群。特にアーバンアジングには欠かせないカラーになっていて”だいだい”にグローを入れて金ラメを配合しました。

これによって、ありとあらゆるシュチュエーションに対応できるので僕のソリッドのパイロットワームです。

 

あおりんご

これは、薄い緑をベースに点発光とティンセルラメを組み合わせて夜光と煌きを点と線で高アピール!

点発光に関しては、UVライトで発光させた時にアタル事も多いので発光した点が夜光虫のようにも見えて夜光虫パターンの時にも有効なワームです。

 

1 / 2
次へ