ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【トビキチサブマリン】巻いて使う「巻きのトビキチ」がボンバダアグアから登場!

琵琶湖界隈を中心にブレイクし、今や全国的にファンが広がっているルアーなのがトビキチ!

元々、トビキチは琵琶湖のデカバスキラールアーとしてコアなアングラーからの熱烈な支持を集めているプラスワンルアーの蒲田氏によるハンドメイドビッグベイト。

そのトビキチが蒲田氏と怪魚ハンターのボンバダテルさんによって量産型プラバージョンとして共同開発され、2017年1月にボンバダアグア(代表ボンバダテル)からデビューを果たし人気を集めています。

IMG_3569

ボンバダアグア公式トビキチ詳細ページはこちら

さて、そんなトビキチはテールフロートでボトム付近をラインスラックによりサスペンドで漂わさせるという、少しマニアックなテクニックが必要なルアーなのですが…。実はタイプの違うトビキチがあります。

それは…巻いて使う「トビキチサブマリン」というルアーです。

出典:YouTubeチャンネル「イバイバ」

で、そんなハンドメイドのトビキチサブマリンが、再びプラスワンルアー蒲田氏とボンバダテルさんのタッグによって量産型ルアーとなってボンバダアグアから登場するんです!!

 

 

トビキチ・サブマリン【ボンバダアグア】

2020年5月登場予定

トピキチ・サブマリンは、トビキチとは違って、巻いて使うタイプのルアー! いうなれば「巻きのトビキチ」なんです。

リップの圧力を感じながら表層~中層をただゆっくり巻くだけ! という初心者でも扱いやすいルアーになっています。

 

ちなみに琵琶湖のビッグバス攻略に欠かせないスーパーデッドスローリトリーブのギミックも盛り込まれているのも特長。

というのも付属のスクウェアウェイトを貼りサスペンドにして、極限まで遅く巻く際に、ヘッドのみがウォブリングするようにデザインされています。

この時、テールの後方に配置されたスモールプロペラがテールがウォブルしようとするテールパーツセクションのストッパー的役割になりi字系的な要素を持つとのこと。

更にプロペラの微波動も加わりスレた琵琶湖のビッグバスに非常に効くそうな。

 

ボトムでのワーミング要素の強かったトビキチに対し、トビキチサブマリンはスピナーベイトやクランクベイト、チャター等の要素を全て持たせた、巻きモノ特化型のビッグベイトに仕上げてあるとのこと。

 

もちろんトビキチの代名詞とも言える特許機構、優れたスナッグレス性能を発揮するW.B.S(ウィードバンパーシステム)ももちろん搭載

 

 

トビキチサブマリンについてボンバダテルさんに動画で語ってもらったので、こちらもぜひチェック

 

トビキチとトビキチ・サブマリンをシチュエーションにより併用する事でデカバス捕獲率が上がりそうですね!

下写真上がトビキチ、下がトビキチサブマリン

 

1 / 2
次へ