ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

1902年発売のヘドン第1号ルアー「スロープノーズ」がスミスより復刻

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

ヘドンの第1号プラグとなる「スロープノーズ」リニューアルされ、スミスから登場します!

オリジナルのスロープノーズは、まだプラグというカテゴリーがなかった1902年に発売されたそうです。

ヒロ内藤(内藤裕文)さんが、どうしてももう一度世に知ってもらいたいと感じた「ルアーの本質が詰まったルアー」。

そんなスロープノーズ。特徴の一つがシャンプーハット。金属製の襟巻部分ですね。

これが微妙に湾曲されていて障害物を乗り越えたり、ポップ音や水しぶきを生みだします。

この金属製シャンプーハットをリニューアルモデルでは若干柔らかく設計。

出典:スミス

これは、柔らかくすることでよりポップ音や水しぶきなどを調整しやすくする(曲げやすい)ためだそうです。

次の動画はスミス公式チャンネルのものですが、すごく魅力的な音が響いていますよね。

また、左右へ首を振りながら移動距離の少ない(スライドをしない)アクションは、じっくりとアピールするにも最適。

オリジナルはウッドでしたが、リニューアル版ではプラ製。気を使わないで使えるというのが、実はメリットだったり(笑)。

レングス:120mm
ウェイト:20.5g
フック:#2
オープンプライス

発売は4~5月を予定!

【公式製品ページは→コチラ