ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【小さいボディに大きな存在感】佐々木俊がエコギア熟成アクア活メバルミノーでメバリング

寄稿:佐々木 俊

カッコいいすよね、メバル。

クリクリな目、カワイイ系かと思いきやパワフルな引き。ライトゲームの人気者!

そんなメバルが思わず口を使ってしまう、超強烈な集魚効果を持つワームがエコギア熟成アクア活メバルミノー1.6インチ

実はコチラ「大盛」ということで18本入りで700円!コスパもイイワームになっています。

1.6インチと数字的にはコンパクトなのに幅があり、フックセットも楽々。もちろんバイトを弾きにくいひと口シルエットも魅力ですよね。

〝熟成〟シリーズの集魚力はいわずもがな、1.6インチの登場で、さらに頼れるワームになっています!

出典:エコギア

公式製品ページは→コチラ

ロックフィッシャー・佐々木俊さんによるインプレ

さてさて、冒頭のナイスなメバルはじめ、ここで掲載しているお写真はエコギア・プロスタッフ佐々木俊さんから頂いたもの。

独創的なロックフィッシャーである佐々木さんに、熟成アクア活メバルミノーについての使用感をお聞きしました。

以下、佐々木さんによるインプレです!

小さくても水をつかみ、潮の変化を感じやすい

エコギアのメバルアイテムに新たにラインナップされた、熟成アクア活メバルミノーの紹介をしたいと思います!

実はプロトタイプの頃から私はその存在を知っていて、形状とサイズ感を見ただけでも「これは釣れる!」と感じていたアイテムなだけにリリースされるのを楽しみにしていました!

メバルが捕食する稚魚感あり

プリッとして可愛いワームですが、お腹が膨らんでいて小さいながらもボリュームがあるように見えると思います。

メバルが捕食しているベイトは何かしらの稚魚ということも多いと感じます。

そういった稚魚は、お腹がポッコリ膨らんでいることが多く、活メバルミノーの形を見た時に「釣れる!」と感じたのです。

そして実際に使ってみて。

ピンテール系で1.6インチと小さいボディですが、細かく入っているリブがしっかりと水を掴んでくれるので水中での存在感は抜群です。

リトリーブの時もピンテールなのにしっかり引き抵抗感があるので流れの変化を感じやすく、そのおかげで流れのヨレを見つけたらそこでドリフトさせるなどといった誘いもしやすくなります。

ワンキャストワンヒットの爆釣!ナイスサイズ連発!!

活メバルミノーが発売されてから間もないですが各地でナイスサイズが釣れています。

小さいボディながら尺オーバーの実績も高くその実力は折り紙つきです!

そんなワケで、私も活メバルミノーだけをバックに詰めこみ実釣してきました。

結果から申し上げると…爆釣でした!

ワンキャストワンヒット!サイズもアベレージが20cmと良く、最大サイズこそ尺には届きませんでしたがナイスサイズもまじり満足の釣果となりました!

恐るべし活メバルミノー。

ジグヘッド、キャロ、フロート、ダウンショットと様々な釣法を試しましたがどのリグとも相性が良いので使う状況を問わないアイテムです。

そして何よりも嬉しいのが大盛りパックでコスパが良い!

しかも針持ちも抜群なので1パックあれば結構使えちゃいます!

皆さんもぜひこの熟成アクア活メバルミノーを使ってみてください! きっとその釣果に驚くと思いますよ!

 

■佐々木俊関連動画

佐々木 俊(Shun Sasaki) プロフィール

ロックフィッシュ激戦区である東北で数々のトーナメントで優勝、上位入賞を果たしている若手注目株。状況に応じた変幻自在な対応で、地磯、堤防、パワーゲームからフィネスゲームまで柔軟にこなすロックフィッシャー。