ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

注目の「スピードスティック」全5機種それぞれの遊び方を解説!

天龍の注目ロッド・スピードスティック

少し前にその概要について触れました。

【動画で紹介!】天龍バスロッド「スピードスティック」がこの秋登場予定!

スピードスティックの遊び方

スピードスティックをカテゴライズするならバスロッドとなります。

とはいえ、色々な釣りに使ってみても「楽しい」遊び心のあるロッドなのです。

イスズリール・ヴィンテージもよく似合います

フックキーパーがあったり

そうはいっても目安も知りたいですよね。そんなわけで、天龍の舟木雄一さんに「遊び方のヒント」となるよう全5機種を紹介してもらいました。

ザラスプーク、ラトリンログ、バグリーBB2など舟木さんの口から出てくるルアーにも注目です(笑)。

操作して遊ぶ2機種

かつてのスピードスティックのテイストに近づけ(当時の16HOBBに近い感じ)、舟木さんも特に思い入れが強いと話す2機種が#1L-256Bと#1L-260B。

どちらも「ルアーを操作して遊ぶ」のにドンピシャなロッドとなっています。

#1L-256B

全長:5’6″(1.68m)
アクション:レギュラースロー
ルアーウエイト:MAX5/8oz(18g)
ライン:MAX14lb

#1L-260B

全長:6’0″(1.83m)
アクション:レギュラースロー
ルアーウエイト:MAX5/8oz(18g)
ライン:MAX14lb

いずれも5/8オンスをマックスに、クランクからトップウォーターまで気持ちよく投げて操作できるロッド。ショートレングスの#1L-256Bは特に3/5オンスクラスのルアーをスパッとタイトにキャストして操作するには最高!

気持ちバットに張りを持たせた#1L-260Bは同様のルアーの操作性はもちろん、比較すると7~10g程度のルアーが使いやすくなる機種。

〝ルアーを操作して遊びたい〟方にオススメの2機種となります。

オカッパリに1本持っていくなら

#1-264B

全長:6’3″(1.93m)
アクション:レギュラーファスト
ルアーウエイト:MAX3/4oz(21g)
ライン:MAX16lb

1番ということでイメージ的にはミディアムライトといったところ。

レギュラーファストで、ティップアクション。ティップのしなやかさはありながら#1Lの2機種と比較すると、ベリーからはしっかりしています。

1/4~1/2オンスクラスの扱いに長け、ジャークベイトでも投げて広範囲を探るのに向きます。シャロー系のクランクベイトも扱いやすいですね。

スピナベでバンク際をタイトに攻めるのも得意で、1本で汎用性の高い機種となっています。

オカッパリで1本持って遊びに行く…なんて時にはぜひぜひ選択してほしいロッドです。

クランキンスティック2機種

続いては舟木さんが「僕の中ではクランキンスティックです」と話す2本。

#2-266B

全長:6’6″(1.98m)
アクション:レギュラー
ルアーウエイト:MAX 1oz(28g)
ライン:MAX20lb

2番のこちらは一般的なミディアムクラスのイメージ。

スピナーベイト、クランクと1本でこなすクランキンスティック。バルサ系ルアーとの相性もバツグン!

レングスもある程度あるので、オカッパリで遠投も視野に入れるケースにも活躍しそうですよね。

採用されている低弾性カーボンは、障害物などにガッツリとスタックしそうになった時にヌルリとかわしてくれるため、カバークランキングにも!

ちなみに、ジタバグでのナマズにもめっちゃ使いやすいそうです! そんなところもスピードスティックの魅力!

#3-267B

全長:6’7″(2.00m)
アクション:レギュラーファスト
ルアーウエイト:MAX  1・1/4oz(35g)
ライン:MAX20lb

3番と#3-267Bは、2番の#2-266Bと比較すると、ヘビー系ルアーもお任せのクランキンスティックといえます。

ウィードがキツめのフィールドにオススメ。フルサイズのシャローランニングからディープダイバーまで対応。

バイブレーションを早巻きでウィードを切っていきながらのアプローチなんかも得意。

ちなみにPEラインによるフロッグにも好適で、ライトカバーをピンポイントをネチネチと攻めるのにバッチリなんだとか。

1オンスをしっかり振り切れる機種となっています。

発売は秋を予定。

発売は2020年秋を予定しているとのこと!ちょっと待ちきれないのが悩みかも!?

天龍(テンリュウ)(てんりゅう)

1961年、六角竹竿加工業として下伊那郡鼎町下茶屋に塩澤製作所設立。1990年、株式会社 天龍に社名変更及び改組。創業当時、六角竹竿で一世を風靡し、1970年には日本初となるバスロッドを自社ブランドで発売。以降、カーボン素材を主軸に幅広い時代のニーズを先読みしたアイテムを輩出している。ソルトウォーターでは超軽量&高感度のSWライトゲームロッド「ルナキア」、ライトジギングでは「ホライゾン」が有名なほか、バス、トラウト、エリアフィッシング、さらにはテンカラなど、非常に幅広いジャンルでこだわりの強いロッドを生み出している。