ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【6ft3inでたった52g】登場したばかりのアジングロッド「レガーメ」至限(しげん)がメチャ良かった!

エギングやライトゲームなどソルトルアーロッドを手掛け、全国にコアなファンが多いとされる「レガーメ」。

スペックごとに漢字2文字でネーミングされていることが特徴的ですよね。

そんな中「レガーメ」のロッドシリーズの中、今回注目したいモデルがアジングロッド「至限(しげん)」!

 

至限【レガーメ】

「至限(しげん)」は6ft3inのソリッドティップ仕様のとにかく軽いアジングロッド。しなやかながらハリのあるティップなので、ジグヘッド単体での使用がオススメ。丁度イイ長さなのでキャロやフロートリグなど何でもできてしまうロッドに。

品番 全長
(ft/mm)
継数
(本)
仕舞
寸法
(㎝)
自重
(g)
先径
(mm)
元径
(mm)
Lure
(g)
Line カーボン
含有率
(%)
本体価格
XAS-6319 6’3”/1905 2 99 52 0.75 10.3 0.1~4 MAX3lb
PE MAX#0.3
99.9 ¥52,000

レガーメ公式「至限」詳細ページはこちら

 

こだわっているロッドレングス

至限の最大の特長はとにかく軽いこと。なんと重さはたったの52g!

その結果、ロッドレングスを長めに設計。普通ロッドレングスが長いと、グリップを持った時に持ち重りを感じますが、至限に関しては実際に持つとメチャ軽いんですよ。

 

実際に話を聞くと、5ft代のロッドを持っている感覚の重さを実現したそう。

アジングロッドやライトゲームのロッド選びを、”重さ重視”で選ばれる方にとっては、かなり選択肢が広がったということになりますよね。

 

ティップセクションにもコダワリが

ティップセクションに関しては、ソリッドながらファーストアクションでソリッド部を長めに設定しいていることで、バイトもシッカリ捉えてくれるとのこと!

実際振ってみてもシャキッと張りがあるような感じでした。

 

ブランク

ブランクには高密度高弾性の東レの40tカーボンを採用。また、バット部には4軸カーボンの縦方向の繊維を内側にラッピングし、強さはもちろん、美しさ・厳つさを強調。不意に大物が掛かっても安心。

出典:レガーメ公式「至限」詳細ページ

 

ラインブレイクに強いガイド

ガイドは腐食に強くて軽量のチタンのATガイドを使用。シングルガイドなので多少の負荷を逃がすことができるので、糸なりやラインブレイクがしにくいのも強み。

 

高級感のあるグリップデザイン

グリップは感度に特化したオリジナルグリップが装備されていて、リールシートは手のひらにフィットしやすいIPSシートが装備。

見た目も高級感があってオシャレですよね!

 

あらゆるパーツにこだわられた「至限」。見かけた際は、ぜひ手に取ってコノ軽さを体感してみてください!

以上、レガーメのアジングロッド「至限」の紹介でした!