ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【シーバス&ショア青物】ブルーブルーの新作がアツい!2020年注目の新製品をイッキ見!

シーバスやヒラスズキ、青物…ソルトゲームシーンを牽引してきたおなじみブルーブルーより、2020年注目の新製品が続々登場!

 

ARVIN 150S(アービン)【ブルーブルー】

はい、まずは登場したばかりの食わせ系細シンペン「アービン150S」。

「ベタ凪の状況下でも口を使わせられるルアー」というのが開発コンセプト。

ブルーブルー公式「アービン150S」詳細ページはこちら

 

特長

細身のシルエットにして、40gの自重がありとにかく遠投が可能!

またフラットな底面が水を受けるので浮き上がりが良く、遠投した先から水面や水面直下をスローに引いて強烈に魚にアピールしてくれます。 早めに引いて”トップ的”に使うのもおもしろそうですよね!

 

さらに、貫通ワイヤーを搭載していてランカーシーバスやヒラスズキ、青物の引きにも耐えるヘビーデューティ仕様。 さすが「ブルーブルー」って感じ。

 

アクションは弱々しいロールアクションで、サヨリパターンはもちろん、イワシパターンや鮎パターンなどいろんなパターンに使えるとのことです!

フォールのアクションもオススメだそうなので、まだまだいろんなパターンにハマりそうな可能性の秘めたルアーですよね。

 

実釣動画も要チェック

出典:YouTubeチャンネル「BlueBlueFishing ~ブルーブルー株式会社~」

 

カラーは10色展開

カラーは定番のナチュラル系から、サラシの中やナイトでも視認性の高いアピール系まで、10色がラインナップ!

希望小売価格は2,300円となっています。

 

1 / 2
次へ