ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【水温が下がりきると中層がキーに】冬から春のバスの行動と攻略法についてご紹介!

連載:諸富真二のめっちゃ若獅子!!

今年は本当に暖冬と言われているように、冬とは思えないほど暖かい日が続いていますね。

今のタイミングは、釣り方が変わったり、魚のポジションが変わるといった事が少ないのが特徴。

裏を返すと、ある程度の条件を満たしている所から”魚はあまり動きたがらない”といった所です(^^)

自分は北湖東岸エリアのジャークベイト&ミドストパターンでずっと押し通してますよ! ボコ釣れとは言えないですけど安定感アリアリです。

 

冬から春にかけての狙い方!

もう1月もすれば早春と呼ばれる時期になりますが、今の冬から早春にかけてのキーをご紹介します!

それは…『サスペンドフィッシュを狙え‼』とい事。

水温が低い今の時期というのは、『ボトム周辺に冷たい水』が入り込むんです。そうなると魚は冷たい水を嫌って少しでも暖かくて安定している層にまで浮いてくるという超簡単な原理。

 

サスペンドしている個体に効果的なルアーとは?

その浮いた魚にバッチリハマってくるのが、「ジャークベイト」と「ミドスト系」の中層を意識した釣り方。もう、毎年お決まりのパターンになっているので、皆さんも是非ともマスターすべきですよ(^^)

2月の半ば以降からは春を意識した魚がどんどん増えてくるので、そろそろ皆さん動き出しましょう。それでは!

WEB連載 諸富真二のめっちゃ若獅子!! は隔週  日曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックしてみて下さい