ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【このスペックでなんと1万円代前半】オリムピックのアジングロッド「20コルトUX」がコスパ高すぎ

老舗ロッドメーカー「オリムピック」のアジングロッドといえば「コルトシリーズ」。

以前に、2020年の新作「20コルトUX」をご紹介しましたが、先日の展示会で実物を触らせてもらうことができましたので、改めて今回「20コルトUX」についてご紹介していきたいと思います。

以前の20コルトUX紹介記事はこちら!

【アジングロッドの常識が変わる!?】オドロキの良コスパ「20コルトUX」に大注目【オリムピック】

 

20コルトUX【オリムピック】

2020年4月登場予定

「20コルトUX」は、ビギナーの方でもアジングが楽しめ、上級者のセカンドロッドとしても十分に力を発揮させるというコンセプトを元に開発されたロッドです。

ですので、価格は抑えつつ、これまでのコルトシリーズにも迫るスペックが魅力!

 

各モデルのスペック
アイテム アクション 全長(m) 先経(mm) 元径(mm) 仕舞寸法(cm) 継数 適合ルアー(g) 適合ライン(lb) 希望小売価格(円)
20GCORUS-572UL-HS RF 1.70 0.6 7.8 88 2 0-3 MAX2lb 12,100
20GCORUS-612L-HS XF 1.86 0.6 8.2 95.5 2 0.3-4 MAX3lb 12,300
20GCORUS-642L-HS XF 1.93 0.6 8.5 99.2 2 0.5-5 MAX3lb 12,500
20GCORUS-6102L-HS XF 2.08 0.7 8.1 106.9 2 0.5-8 MAX4lb 12,700
20GCORUS-742L-T F 2.24 1.1 9.0 114.5 2 0.8-10 MAX4lb 13,200

オリムピック公式「20コルトUX」詳細ページはこちら

 

20コルトUXの特長について

「20コルトUX」の最大の特長は、何といってもこれまでのコルトシリーズでは考えられなかった1万円代前半で手に入れることができるというトコロ。

 

持った感じ、見た目と想像をはるかに超える軽さとシャキッとしたロッドティップが凄く魅力的でした。

ちなみに、オリムピックのスタッフの方が「20コルトUX」の実釣で九州にギガアジを狙いに行った際ですが、40cm級のアジを釣り上げることができたそうですよ。

 

各パーツにもコダワリ抜かれている「20コルトUX」

では、ここからは「20コルトUX」の各パーツについてご紹介していきます。

 

ブランク

高弾性カーボンが使用されていて、細身で軽量ながらも、しっかりと張りとパワーを兼ね揃えたブランクスを実現。

バットセクションには「グラファイトクロスLV」を採用することにより、軽量化をはかりつつ剛性も調整済みとのこと!

 

ガイド

全モデルにステンレスフレームKガイドが採用されています。ロッドバランスを向上させるKRコンセプトも採用し、まさに万全。

 

リールシート

リールシートには軽量かつ細身な「IPSリールシート」をダウンロックで採用。

 

グリップ

グリップマテリアルは高強度・耐久性に優れたEVAが採用。ブランクタッチしやすいフロントグリップレス仕様。

グリップ部を最小限にすることで軽量化を実現し、繊細なリグ操作を可能にしています。

 

ジョイント

ジョイント部はフェルール(逆並継) 。

 

ティップ

張りがありながらも、繊細なアタリをしっかり食いこませることができるロッドティップ。

1 / 2
次へ