ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

2020年登場の新型ビンビン玉TGスライドヘッドは「揺らぐタングステン」!ジャッカルの鯛ラバ用NEWロッド・ネクタイ・ワーム・サビキなど全紹介

鯛ラバのエキスパートとして知られる田中亜衣さん!

田中 亜衣(Ai Tanaka) プロフィール

ジャッカルSALTプロスタッフ。タイラバのエキスパートとして知られるアングラーで、どんな状況にも対応する柔軟なタイラバスタイルを確立している。 物腰の柔らかいトークと雰囲気とは裏腹な、完全な理論派アングラー。 また2021年春から、遊漁船「FxF KIX”(エフバイエフ キックス)」をスタート! キャプテンとして大阪湾南部から和歌山エリアの様々な釣り・スタイルを案内してくれている!

そんな田中亜衣さんが鯛ラバで注目しているのが、「波動とパルス理論」。

波動というのは水押し! そしてパルスというのは振動数。

この波動とパルスを組み合わせる考え方を亜衣さんは「波動とパルス理論」と呼んでいるというわけ。

で、亜衣さんは波動とパルスをエサの種類や状況に合わせて色んなタイラバゲームを展開し、各地でイイ釣果を残しているというわけ。

2020年はそんな田中さんの波動とパルス理論と、各地での実釣での気づきを形にしたアイテムが続々と登場予定なんです。

2020年登場予定となっているアイテムは…

・タングステン素材の「TGビンビン玉スライド」とは違う特長を持った新型TGヘッド

・リニューアルとなるビンビンスティック

・新たなビンビンワームトレーラとビンビンワームネクタイ

以上、多数のアイテムが登場予定となっています!!

それでは1つ1つご紹介していきます!

 

 

 

新型ビンビン玉TG
スライドヘッド

“揺らぎ”のビンビン玉

人気タイラバ「ビンビン玉シリーズ」についに新型が登場するんです!

定番モデルの「TGビンビン玉スライド」は、動かないヘッドという特長がありました。これは鯛があまり大きく動くモノを嫌う傾向があることを考慮してあるための設計。

 

で、今回の新型ビンビン玉TG スライドヘッドですが、特長はズバリズバリ「揺らぎアクション」。

先ほどは「動かない方がイイ」と書きましたが、この新型の揺らぎは、鯛が好きな範囲の揺らぎアクションにしてあるとのこと。

 

新型ヘッドは、ゆらゆらと潮を受け、不規則に左右に揺らぐ動きで大鯛を魅了。オリジナルモデルと比較すると潮噛みがやや強めに設定されているので、心地よい引き抵抗で、緩めの潮でも集中力を保って使用できまるとのこと。

また、ドテラの一流しでより多くのリフトアンドフォールを可能にする浮き上がりの良さも、新型ヘッド形状の恩恵の一つになっているそうな。

ビンビン玉シリーズの新たなる一手としての「揺らぎ」、ぜひ現場で試してみたいですね!

 

 

 

 

1 / 4
次へ