ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【風が強い方がアジが釣れる?】爆風下においてアジを的確に釣る方法を家邊克己が徹底解説!

連載:家邊克己の「週刊!アジングマニアックス」
寄稿:家邊克己

最近、季節柄なんですが爆風に直面することが多くなってきています。

ちなみに僕のいう爆風とは10m位からの風のことです。

普通10mの風の中で、好き好んでアジングをされる方は少ないと思いますが、僕の場合は風から逃げられないような状況下で釣りをすることが多いので、もしそのような場合に陥ってしまった時の対処法について今回ご紹介させていただきます。

家邊克己 Yabe Katsumi プロフィール

サーティフォーCEO、製品開発責任者。全国津々浦々、アジが釣れると聞けば、ドコへでも足を運び、実際に釣って、アジングの楽しさを広く世に伝える、まさに「アジングの伝道師」というべき人物。かなり頻繁に全国各地で参加費無料のアジングセミナーも開催中! 釣具メーカー「34(サーティフォー)※社名は[みんな幸せに!]に由来」を立ちあげ、自身のノウハウを詰めに詰め込んだ製品開発に没頭中。京都府出身、福岡県在住、1958年9月生まれ。

 

強風時はなるべく足場の低いトコロへ

10mくらいの風が吹くと、風向きと足場の高さが非常に重要になってきます。

できれば足場の低い所を選んで釣りをしてもらいたいですが、実際はほとんど足場の高い所でしか釣りができませんことの方が多いと思います。

足場が高いとロッドから出ているラインが、水面までの距離が遠いので、風にさらされる部分が長くなってラインが持ち上げられたり横に流されたり非常に厄介です。

 

左右の風が吹く場合の対処法

そこで1番面倒な左右の風が吹く場合の攻略法をご紹介します。

その場合の対処法はジグヘッドの重さの選択です。

まず風によって浮かされる分を、通常使うジグヘッドにプラスすることを考えます。

時と場合によって様々な状況があるので、何g重くするという具体的な数字は言えませんが、例えば左から右へ強風が吹いている場合、風上の左側に投げてラインの弛みを取ってカウントします。

 

カウント後、ロッドを風上側に向けて立てた時、ラインが風によって動きますが、その場合にジグヘッドが浮きも沈みもしない重さを選択するんです。

 

カウント後に絶対してはいけないこと

この時に絶対にしてはいけないことは、ロッドを立てた時にできるラインの「たるみ」を巻き取ってしまうこと。

このたるみを巻き取ってしまうとジグヘッドはどんどん手前に寄ってきてしまいますので、このたるみを出したまま釣りを行います。

アタリは風でラインが膨らんでいるので必ず伝わります。

風が吹いた状態でジグヘッドを持ち上げようとする力と、ジグヘッドの重さが釣り合う事で、その深さ(レンジ)をキープできるわけです。

風が弱ればラインの弛みを取り、風が強まればロッドを倒して弛みを増やす…この繰り返しでレンジキープを可能にします。

そのレンジキープした状態で風下にロッドを移動させて行けば、ジグヘッドはレンジをキープしたまま風下に移動するので風ドリフトとなります。

このようにすれば横風は攻略できますが、とにかく風に慣れることが大事。

風の日は海中の酸素濃度も上がるのでアジの活性も高くなり、良く釣れる事も多いので嫌がらずに出かけてもらいたいです。

 

爆風の中で行った取材について

先日行った取材でも10mを軽く超え12~13mの風の中での釣りを行ったタイミングがありました。

北西の風が吹いていたので南側が風裏になりますが、これくらい吹くと風裏とかは関係なく、半島の先を回りこんで来るので、半端ない強さで吹きつけてきます。

通常は風の止み間がありますが、これくらい吹くと全く無く、時々波しぶきが堤防にまで掛かってくる状況。

 

爆風のアジングは足元が狙い目!

こんな中でアジングをする訳ですが、まずは風を正面に受けるようにして、足元を中心にゴミが溜まっている様なところを狙っていきます。

真正面から風が吹き付けていて、プランクトンは足元に溜まりやすいので、狙い目は堤防側。

飛距離は必要なく、重いジグヘッドを使うと風のせいで当て潮になってしまうので早く沈んでしまいます。

ですから、「ストリームヘッド」【サーティフォー】の0.8gを選択し、ワームは風によって活性が上がっていると判断して目立つように大きめの「キメラベイト」【サーティフォー】をセレクト。

発光させてより目立つようにカラーは「はなちらし」(点発光ピンク)をチョイスします。

左:ストリームヘッド 右:キメラベイト「はなちらし」

ストリームヘッド

lineup 1Pac入数 価格
0.3g / 0.5g / 0.8g / 1.0g / 1.3g / 1.5g / 1.8g 5個 400円(税抜)

 

キメラベイト

全長 1Pac入数 販売価格
2.0in. 8個 450円(税抜)

サーティフォー公式「ストリームヘッドキメラベイト」詳細ページ

 

足元を探っていると待望のアタリが!

爆風に向かいキャストするも7m位しか飛びませんでしたが、狙っているのは堤防際なので、気にせずカウントを取っていると、ジグヘッドが潮に乗って手前に来るので、その分のラインの弛みだけを取り、ジグヘッドが沈み過ぎないようにコントロールしながらアタリを待ちます。

すると、堤防のシェードに入った瞬間「ゴンッ」と明確なアタリが! 釣れたのは25cmのアジでしたが、やはり活性が高くて次々と同じところで連発。

風によって集められたプランクトンにアジが夢中になっているのか? かなり楽しめました。

1 / 3
次へ