ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【メバリング】ヒロセマンのワーミング!ソリッドティップ&フロロラインのすすめ

メバリング特集

メジャークラフト・ヒロセマンのメバリング。

今回はジグヘッド&ワームを使ったナイトゲームでのタックルセレクトをご紹介!

ジグ単のワーミングはメバリングの基本となります! 要チェック。

デイメバリングのタックルについてはコチラ

【ヒロセマンのデイメバル】アクションさせる、アタリを取るを意識したチューブラーロッドとPEライン

トリプルクロスライトゲーム・メバルモデル(ソリッド)

ヒロセマンがロケで使用したロッドはトリプルクロスライトゲーム・メバルのソリッドモデル。

ソリッドは2機種のラインナップとなっています。

Model PRICE(円) 全長(ft) 継数(pcs) ルアー(g) ライン(lb) PEライン(号) アクション
TCX-S732UL 14,800 7’3” 2 0.4~5 1~5 0.1~0.6 EX.Fエクストラファースト
TCX-S762UL 15,000 7’6” 2 0.4~5 1~5 0.1~0.6 EX.Fエクストラファースト

デイのマイクロジグではチューブラーモデルを使用していたヒロセマン。ワーミングではソリッドを選ぶ理由を紹介していきましょう!

公式製品ページは→コチラ

しなやかティップで巻きで食わせる

実際に使用した機種はTCX-S762UL。

軽量ジグヘッドでの遠投性に優れた機種となります。

ソリッドモデルはティップが非常にしなやかにできています。

ホワイトのカラーリングで視認性もバッチリ

ワーミングでは、リトリーブ中のメバルからのバイトを弾かず、ククッとティップが入ってからスウィープに乗せていきます。

バイトに追従するしなやかなティップがマッチしているわけなのです!

また、感度の高さも持ち合わせているソリッドモデルで、そもそもメバルのファーストバイトを感じ取れるのも大きなメリット!

しっかり食わせる!これができるのがソリッドモデルの魅力!

もちろん、トリプルクロスは4軸カーボン&クロスフォース搭載なので掛けてからは安心のやり取りができるのも魅力!

感度のよいフロロがキー

ロケで使用したリールはバリスティックLT2500SS-CXH(ダイワ)。

そして巻いているのは「弾丸ライトゲームFC」の3.5lb。ライトゲーム専用フロロカーボンラインです。

ヒロセマンがビギナーやフロロラインが苦手な人にこそ使ってもらいたいというクリアカラーの弾丸ライトゲームFC。

壁際やストラクチャー周りへキャストして引いてくることも多いメバリングでは、耐摩耗性に優れるフロロは安心。

PEと比較すると伸びがあるものの、水なじみのよさも相まって、巻きの釣りではしっかりと食わせやすいメリットとなりますよね。

さらには高比重でアタリを取りやすい「高感度のフロロライン」というのが、ライトゲームにはメチャクチャありがたい。

ライトゲーム全般をソツなくこなす器用な日本製フロロライン、持っておいて損はないと思いますよ!

0.3号/1lb、0.4号/1.5lb、0.5号/2lb、0.6号/2.5lb、0.8号/3lb、0.9号/3.5lb、1号/4lb、1.2号/5lb。

カラーはクリア。100m巻で価格は960円(税別)。
公式製品ページは→コチラ

ソリッドティップ&フロロラインでワーミング!

というワケでワーミングで違和感を与えず食わせるなら、ソリッドティップ&フロロラインをお試しあれ!

動画もぜひぜひ参考にしてみてください!

ヒロセマン(広瀬達樹)(Hiroseman(Tatsuki Hirose)) プロフィール

本名:広瀬達樹(ひろせたつき)。メジャークラフトの実釣ロケを星の数ほどこなすアングラー! 全国各地でバス、ソルト各種のオカッパリ、オフショア実釣ロケこなしマクり! おそらく1年の間にこれほどの数の実釣取材をこなしている人はいないかも⁉ また大のプロレスファンとしても知られる。