ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

冬バス攻略の特効薬「スモラバのミドスト攻め」を解説

寄稿:村松 恵太

皆さん!こんにちは、静岡の野池などを中心に活動している村松恵太です。

今回は冬の野池でイイ思いをさせてもらっているスモラバの釣り方を紹介したいと思います。

村松恵太(Muramatsu Keita) プロフィール

静岡県のフィールドでオカッパリバス釣りを中心に活動中! バス釣り以外に、ソルト、管釣りにもチョコチョコ出撃しています♪

 

一般的に冬の釣りといえば、ボトムの釣りが強いイメージがあるかもしれません。

またメタルバイブやライトリグでリアクションかスローに誘って釣る釣り方が有名だと思います。

 

ただ、私的にレンジは天候、水質、水深などの条件によってボトム〜ミドルをかなり浮き沈みしていると感じています。

また冬でも積極的に動いて捕食活動をしている強い個体も多く、誘いに関してもリアクションやスローだけにこだわる必要はないと考えています。

 

さて、そんな中で自分がこの時期に多用するルアーはスモラバ。そして中層スイミングをかなり多用しています。

 

スモラバのミドスト攻めで使いやすいのがイガラバ

そんな釣りで使いやすいスモラバなのが五十誠プロ監修のイガラバです!
イガラバの特長として挙げられるのはラインアイの位置(90度)と、シリコンスカートが太めで絶妙な本数になっているところ。
このセッティングにより太いラバーでしっかり水を掴み、スイミングのレスポンスもよく艶かしい動きを出してくれます!

ジャクソン公式イガラバ詳細ページはこちら

【イガラバ】スモラバフェチの五十嵐誠がプロデュースする新型スモラバを五十嵐誠・本人が詳細解説【水中アクションムービーあり】

 

 

イガラバに合わせるオススメのトレーラーはヴィローラやエグジグホッグなど

イガラバに合わせるトレーラーは何かというと…!
ナチュラルな動き(ロールアクション)で誘うなら、ヴィローラ2.8インチ【ディスタイル】など、スティック系やベイトフィッシュ型のワームがオススメです。

また動きをワイドに一点シェイク等にオススメなのは、ホッグ系です。
自分はエグジグホッグ【ジャクソン】を良く使います。

 

イガラバのミドストでボトムからミドルレンジをサーチ

で、このイガラバの具体的な使い方ですが、まずはボトム〜ミドルレンジまでをサーチします。
基本的にはミドストでレンジを刻んで探ります。

狙うエリアは!
・ブレイク
・縦ストラクチャー
・カバー際
・マンメイドストラクチャー
・ウィードエッジ
・岬周り

などを重点チェックします。

 

イイトコがあればストラクチャーに絡めて一点シェイク! そしてハングオフでのバイトも狙う

そしてそんなサーチと合わせて行うのがストラクチャーに絡めての一点シェイク!

一点シェイクして誘い、またそのスモラバがスリ抜ける時にルアーの軌道が変わる動きでリアクションバイトが誘えます。

この一点シェイクで狙うエリアは…!
・ライトカバー
・護岸の切れ目
・ウィードエッジ
・立木
・地形変化
・レイダウン

などです。

一点シェイクでは、ロッドを縦に構え、ティップで一定にシェイクを加えるイメージです。
ちなみにロッドを横にしてもシェイクするのも可能ですが、ラインの角度に注意しないとルアーのアクションがでにくいので注意!

イガラバ攻め仕様タックル

最後にイガラバを使った攻めでのタックルもご紹介させていただきます!
PEセッティング
ブラストビーツ BBC―64L【ジャクソン】
・ステラ 2500 S【シマノ】
・PEピットブル8【シマノ】の 0.6号/リーダー5lb.〜8lb.(フロロ )

フロロ セッティング
ブラストビーツ BBS―69L―ULST【ジャクソン】
・ステラ 2500 HGS【シマノ】
・エクスレッド【東レモノフィラメント】 4lb.〜6lb.

攻めるエリアに合わせてタックルのセッティングを変えています。
※レンジはその日のフィールドの状況に合わせて調整してください。

 

以上が私が多用している冬のスモラバを使った釣り方です。

イガラバのミドストでサーチし、サーチ中にイイ感じの引っ掛かる場所などを発見したら、シェイクを加えてみてください。けっこう反応があるので、ぜひ試していただけるとウレシイです!