ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

盛り上がった「釣りフェスティバル2020」の総来場者数は3日間で44,293名!前年対比106.1%!

2020年1月17~19日に横浜で行われた「釣りフェスティバル2020 in YOKOHAMA」も大盛り上がりを見せつつ終了!

釣りフェスティバル2020 inYOKOHAMA(TSURIFESTIVAL2020)

一般社団法人 日本釣用品工業会が主催、毎年1月に関東で開催されていた大型の釣りイベント「ジャパンフィッシングショー」が、2020年から「釣りフェスティバル」に名前を変更して開催。 例年通り、多くの釣具メーカーがブース出展し、いち早く新製品情報がゲットできるほか、釣りのインストラクターに直接会って、話を聞いたりも可能。キャスティング体験ができたり、ライトファンも楽しめるマス釣りコーナーやグルメコーナーも充実している。なお2021年はコロナ禍の影響でオンラインで開催

 

気になる2020年の来場者数ですが3日間総数で44,293名でした(主催・広報発表)。

昨年が3日間総数で41758名でしたので、2020年は前年対比106.1%と大幅に来場者が増加!

確かに人多い!!って口にする人が多かったです!

 

 

ちなみに総来場者数のここ最近の推移は以下の通り!

ジャパンフィッシングショー2017inパシフィコ横浜の来場者数は38635名

ジャパンフィッシングショー2018inパシフィコ横浜の来場者数は41,501名(2017年・対比107.4%)

ジャパンフィッシングショー2019inパシフィコ横浜の来場者数は41,758名(2018年・対比100.6%)

 

 

年々、主催者の方々、出展各社さんの新たなファン層にも楽しんでもらうべく色んな取り組みで各年代が楽しめるショーになってますよね!

盛り上がりを実感できた横浜の釣りフェスティバルでした!