ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

いよいよフィッシングショーがスタート!10年ぶりの出展となる横浜ショーのdepsブース耳より情報!

連載:ガイド前田「琵琶湖デカバス大追跡」

前田純(ガイド前田)(Maeda Jun) プロフィール

マザーレイクでドデスカンサイズを追い求める、ガイド前田の愛称で親しまれる超ベテランガイド。スポンサーはデプス、ダイワ、次元、ハヤブサ、レインズ、ホンデックス、ボートハウスラッシュ、フィッシングマンボウなど。愛知出身・滋賀在住。

みなさんどーも、ガイド前田です。ビシバシ釣っちゃってますか?

みなさん初釣りには行きましたか~?この冬は本当に寒くないというか暖かいですね~。ニュースなどでも目にすることが多いのですが、全くといっていいほど雪が降っていません。今まで毎年必ず履き替えてきたスタッドレスタイヤですが、この冬は今のところ履いていません。このままノーマルタイヤで行けちゃいそうな気もしちゃってます。

琵琶湖の水温も北湖で10度ちょい、南湖で8度台で推移しています。

そのせいか南湖にはウイードも多く残っています。暖冬?気候変動?のせいなのか、年々雪が降らなくなってきているように思います。

特に山に雪が降らないと、暖かくなってミネラルなどの栄養分を含んだ雪代(ユキシロ:雪解け水)が川や湖に入ってこないので、自然にとって様々な影響が出てしまいます。寒くないのは過ごしやすいかもですが、自然にとっては雪が欲しいところでもあります。

そんな琵琶湖ですが、北湖では相変わらずサカマタシャッドのジクヘッドスイミング(ボトスト)とカバースキャットのノーシンカーリグが釣果のほとんどを占めている状態。南湖では荒れて濁りの入ったタイミングでカスカベルなどのディープクランクで釣果が出ています。

いよいよはじまるフィッシングショー!まずは横浜からスタート!

さて、フィッシングショー月間が始まり、釣り業界は新製品ラッシュに沸いています!

特にリールなんて一昔前のハイエンドモデルよりも優れたリールがビックリするような価格帯で買えたりしちゃってますからね~。技術の進歩とは凄まじいですな~。

そうそう!フィッシングショーと言えば、横浜で行われる「釣りフェスティバル」になんと10年ぶりにdepsが出展します!

この10年、横浜と大阪はDAIWAブース、名古屋キープキャストでdepsブースという10年間だったのですが、今年は横浜も大阪も名古屋もメインはdepsブースでみなさまをお待ちしております!

depsブースにいない時にはDAIWAブースにいますからね~!depsブースもDAIWAブースも新商品盛りだくさん!ぜひお越しくださいませ~!

会場マップ

また、横浜の「釣りフェスティバル」のdepsブースではトークセミナーが開催されます!

そしてなんとなんと!
各セミナー後にはシリアルNo付きステッカーが配布されます。
両日とも16~16時半頃にdepsブースで大抽選会が催され、その抽選番号(当選番号)がステッカーのシリアルNoとなります。

このシリアルNo付きステッカーをもらうには、各セミナーを最初から最後まで楽しんでいただいた方が対象となります。

●ご注意!
セミナー開始前にブースをチェーンで囲いますので、必ずチェーン内に入りセミナーをお楽しみください。
セミナー中の退出は可能ですが、セミナー中にチェーン内に入ることはお断りさせていただきますので、ご了承くださいませ。

シリアルNo付きステッカーを所持し、抽選時にdepsブースにおられる方が当選の対象となります。
抽選前にはdepsブースにお集まりください。

では関東地方のみなさん!パシフィコ横浜でお待ちしておりま~す!