ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【冬の野池攻め】バイブレーションからトップまで!オカッパリでデカバスを狙うテクを大公開

寄稿:狩野 陽

皆さんこんにちは!狩野 陽(かのう あきら)です。

2019年も残すところあとわずか!12月に入り気温がグッと落ち始め、日が暮れるのも早くいよいよ冬本番といったところでしょうか。

今回のテーマは皆さんの身近にある野池の冬攻略。
バイブレーションをはじめ、カバーフィネスや一発狙いのトップの狙い時にも注目していきますよ!

狩野 陽(Akira Kano) プロフィール

野池の釣りを得意とし、地元・静岡の野池を釣り歩いているオカッパリメインのアングラー。また折を見つけては、県外、全国津々浦々のフィールドをチェック!

 

 冬の定番バイブレーション

フィールドセレクトとバイブレーションの特性を活かす

冬野池を狙う時、まず大切なのがフィールドセレクト。

ただでさえ釣りづらいシーズンだけに、魚の密度が濃くなる減水野池や小規模な皿池をメインにします。ここをまず意識するだけでも釣果は格段と上がるはず。

 

ベイトはブルーギルがメイン。一定レンジをキープでき、遠投性能が高く全体をサーチできるバイブレーションが機能面・サイズ的にもマッチしますよ。

 

バスのコンディションに合わせたバイブレーションローテーション

バイブレーションXマイクロ&ダイナ

バイブレーションXマイクロバイブレーションXダイナ共に一口サイズのコンパクトバイブレーション。

 

使うシチュエーションは、稚ギルがシャローエリアに溜まっている時。

マイクロはピッチが細かく、短距離で水をたくさん掻いてくれるので、シャローエリアをファストリトリーブで攻める時に使用。
一方ダイナはマイクロに比べ、トルク&アピール力重視。そのため、濁りがあるシャローエリアやマイクロで追いきれないコンディションの時に使います。

基本ハイギアリールでミディアム~ファストリトリーブし、シャローのボトムスレスレを引いてくるとバイトを得やすいので、ボトムを叩きすぎないのがキモです。

 

推奨タックル
ROD:VKC-66M+ + REEL:メタニウムMGL(XG)
LINE:フロロマイスター12lb

 

1 / 4
次へ