ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【開発に2年も】ジャッカルNEWコンセプトのタイラバ専用ワームを田中亜衣が解説

連載:ジャッカルソルト
寄稿:田中 亜衣

皆さん、こんにちは!田中亜衣です。

今年も残すところあと僅かとなりましたね。
ほんと歳を重ねるたびに一年があっという間に過ぎちゃいます。
年中、真鯛を追いかけてるから余計にそう感じるのかも…

 

さて、年が明けたら各地でフィッシングショーが始まります。
新しく開発したアイテムの数々を皆さまに見てもらえるアタシの大好きなイベントなのです。

ビンビン玉シリーズの新しいアイテム達も次々と、でき上がってまいりました。
今までにルアーを始めロッドなどの開発に関わってきましたが、今シーズンの開発はいつも以上に時間を掛けて質の良い開発ができたこともあり、どのアイテムも皆さまにお披露目できる日がとても楽しみです!

田中 亜衣(Ai Tanaka) プロフィール

ジャッカルSALTプロスタッフ。タイラバのエキスパートとして知られるアングラーで、どんな状況にも対応する柔軟なタイラバスタイルを確立している。 物腰の柔らかいトークと雰囲気とは裏腹な、完全な理論派アングラー。 また2021年春から、遊漁船「FxF KIX”(エフバイエフ キックス)」をスタート! キャプテンとして大阪湾南部から和歌山エリアの様々な釣り・スタイルを案内してくれている!

 

注目は今までにないコンセプトの「ワーム」

ニューアイテムのひとつに「ワーム」があるのですが、今までにないコンセプトを盛り込み何とか仕上げることができました。

 

まだ、はっきりとお見せすることはできないのですが、正直、開発は2年かかりました。

といってもルアーができるまでに何年かかるかなんて、あまり知られてないので、これが長いか短いかなんて分からないですよね。
むしろ開発期間の長さより「良く釣れるルアー」ができるのなら時間の長さは関係ないのかも(笑)

実はこのワーム。2019年のショーに参考アイテムとして出品はしてたのですが、発売は見送りました。

理由はいろいろありますが、その当時、実釣でも良く釣れて、イメージした以上の釣果が出ることもしばしば。
喜ばしいことなのですが、予想を上回る出来栄えゆえに、ワームのポテンシャルに未知数な部分が増えてしまい、ぼやけてハッキリとは見えないその部分を知りたくなったことが発売に至らなかった最大の理由です。

 

そこから更に実釣を重ねて、何匹も何匹も釣りまくって…
そしてしばらくすると、このワームの「何が魚を狂わすのか⁉」という部分がゆっくり見えてきて、やがてピントが合ってきました。

 

4種類のワームが2020年3月登場予定

また、この開発で実際に形になったのは8タイプ。
そこからさらに改良を重ね、皆さまにお披露目するところまで完成したのがネクタイタイプが2タイプとチョン掛けワームが2タイプの全4アイテム。

製品化されないワーム達も良い出来栄えだったんだけに、引き続きテストしてみようかと…

それだけに、最終に残った4タイプは伊達じゃないょ。

 

ホームの加太はもちろん、明石、高松、岡山、広島、豊後水道、響灘、玄界灘、天草、錦江湾、丹後、島根、御前崎…

と、これだけの海でテストもできました。

皆さんには、年明けのフィッシングショーでお披露目した後、店頭には3月にリリースする予定です。
来シーズンは、いつもの海で是非ニューアイテムを使ってみてください。
きっと今まで以上に釣りが楽しくなると思いますょ。

それでは皆さま、良い釣りを♪

 

WEB連載「ジャッカルソルト」!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックいただければ幸いです!

WEB連載「ジャッカルソルト」=個性ありすぎなジャッカルのSWゲームのプロスタッフ達(田中亜衣・吉岡進・杉山代悟・一宮安幸)によるWEB連載(毎週土曜配信)! 旬なフィールド情報・新テク・NEWアイテム情報マンサイ!タイラバ、アジング、メバリング、ロックフィッシュ、チヌゲーム、ジギングほかSW各ジャンルのタイムリーなネタをお届けっ!